ジェット機の運航費はどれくらいかかるのか?

ドクターヘリのジェット機版にあたる
「メディカルジェット」の運航が
2017年7月30日(日)から北海道で運行
する事が決定しましたね。

しかしドクターヘリでは運航費が高すぎて、
運行中止になったり再開したりと継続が
難し状況で募金を集めている所もあります。

ではドクターヘリやメディカルジェット
運航費どれくらいかかるのでしょうか?
それではさっそくシェアしていきたいと思
います。

スポンサードリンク




ジェット機の燃料費

ジャンボジェット機を通常の速度で飛ばし
ていると、1秒間に消費される燃料は1ガロン
だという計算が出されています。

ガロンは水屋さんで水を買うときに使われる
ので、今では耳にする人も増えていますね。

ちなみにアメリカとイギリスでも単位が変わ
ってきますが、アメリカ単位では
1ガロン約3.8Lになります。

少し脱線しましたが、ジェット機の運航では
天候や航路の環境変化、他にも原油の高騰
などで正確な数字はだせません。

ですから大まかな算出にはなりますが、
ジャンボジェット機が1時間飛行すると
2017年現在では150万円くらいかかります。

ちなみにメディカルジェットは小型ジェット
機なので、また金額が変わってきますね。

ヘリコプターの燃料費

ヘリコプターも同様に小型、中型、大型と
種類も様々あります。

また原油の値段に左右されるために正確な
数字はでませんが、
中型ヘリコプターが1時間飛行すると2017年
現在では4万5千円くらいでかかります。

やはりジェット機よりはかなり安くなります。

スポンサードリンク




燃料費以外にかかる費用

・空港利用税
・空港離着陸料
・パイロット日当
・機材メンテナンス費用

他にも空港ブリッジ利用料や、長期的に運営
する為にかかる費用など様々な費用が絡んで
きます。

上記はほんの氷山の一角になります。

運航費はやはり高い

ジェット機とヘリコプターの燃料費がこんな
にも差がある事に驚きました。

ドクターヘリでも継続が難しという状況で、
メディカルジェットを飛ばす事が決まったの
は不安になります。

でもとてもいい事だと思いますし、何か秘策
があるのでしょうね。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする