ヘロインとコカインの違いは?

鹿児島県にある屋久島の安房港の沖合で
今年6月に見つかった小袋に入った白い粉末

がヘロインだという事が判明しました。

そういえばヘロインの他にもコカインもよく
耳にします言葉ですがヘロインとコカインは
どう違うのでしょうか?

今回はヘロインとコカインの違いと、薬物に

手を染めないためにどうすればよいのかを

シェアしたいと思います。

ヘロインとコカインの違い

ヘロインとコカインでは使用した時の症状が
違います。
それぞれ見て見ましょう。

ヘロイン

ヘロインを使用すると強い快感が得られて、
不安や心配がなくなった気分になります。

しかしその反動は大きく、薬の効果がなくな
ると「落ち着きが失くなる」
「全身が激しく痛む」といった禁断症状が出
ます。

そしてこの痛みから逃げるためにさらに
ヘロインを使用するといった悪循環に陥りま
す。

その為に依存性も強力です。

コカイン

コカインを使用すると睡眠や食事をしなくて
も活動する事が出来る、疲労感がなくなると
いった覚醒状態になります。

こちらも依存性が高く、100パーセント
大量消費をするようになる為に、死に至る事
になります。

なぜ薬物に手を出してしまうのか?

薬物に手を出してしまう原因は大きく分けて
二つです。

一つ目は好奇心、二つ目は現実逃避です。

好奇心については、最近では依存性や危険性
が広く知れ渡ってきていて、減少傾向にある
ようです。

やはり厄介なのは現実逃避の方でしょう。

今は同じ日本でさえも貧富の差が激しくなっ
てきています。

その為、「人から見下される」
「生活が苦しい」「親の介護で結婚できない」
など様々な事が原因で現実逃避をしてしまう
人が増えているのが現実です。

薬物に手を染めないために

薬物に手を染めないためにには、現実逃避の
根源を掘り下げる事でしょうか。

私ならお酒に逃げてみるのもありかと思いま
す。

お酒も依存性や中毒はありますが、薬物に手
を出すくらいなら格段にましと言えるでしょ
う。

他には自分が思っているほど他人が幸せとは
限らないという事です。

ほんの一例ですが、金持ちなら
「心のさみしさがある」
芸能人なら「自由がない」といった事があり
ます。

親の介護で苦しんでいる方なら、国のいろん
な制度があるので調べて見ましょう。

巻き返しか開き直りか

人生なにがあるかわかりません、事業に失敗
した50代が一から何かに挑戦して起死回生し
た話しもある事です。

あるいは開き直って、高望みせずにとことん
楽しく生きていくのも意外に勝ちだったりし
ます。

薬物や環境に負けてなんかいられません!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする