奥原希望のゾーンの正体は?体の中でこんな事が起こっていた!

奥原希望

バドミントン世界選手権の女子シングルスで
金メダルを獲得した
奥原希望(おくはら のぞみ)さんが帰国
しました。

そんな奥原希望さんは会見で決勝で
「おかしくなってましたね」と発言しました。

一流のスポーツ選手がなるゾーンの状態に
あったといいます。

そんな奥原希望さんのゾーン状態とは
どのようなものだったのか?

そしてゾーンの正体とゾーン状態にある
人間の体の仕組みをシェアしていきます。

スポンサードリンク

スポーツにおけるゾーンとは?

ゾーンとは地域・地帯・区域・という意味が
あり、集中している状態が別次元と言えます。

それはゾーンにはいる本人がもびっくり
するほどの感覚になります。

例をあげると、「回りの音が聞こえない」
「上から自分を見ているようだった」
「息をするのを忘れる」

など様々な感覚があり、
「絶対に負けられない」「負けたくない」
ような状況に起こります。

ですから一流のスポーツ選手でさえも生涯で
一、二回あるかないかでしょう。

スポンサードリンク

奥原希望のゾーンの正体は?

奥原希望さんの場合はゾーンとは少し違う
感じがします。

奥原希望さんは準々決勝、準決勝、決勝と
接戦が続き、決勝だけでも1時間50分の
長い試合になりました。

体力が限界になっていた奥原希望さんは急に
体が軽くなったと言います。

奥原希望さんの場合は
「ランナーズハイ状態」だったんでしょうね。

ではランナーズハイ状態の時は体の中で
どのような事が起こっているのか次の章で
見て行きましょう。

奥原希望の体の中でこんな事が起こっていた!

ランナーズハイになるメカニズムは体の中で
すごいことが起きています。

人間は体が限界を超えて限界を超えて、
さらにそのまた限界を超えると自分の脳に
「脳内麻薬」という物質を作ります。

それでランナーズハイになると快感が
得られるそうなんです。

今回の奥原希望の試合がいかに
過酷だったかがわかります。

そんな体験をした奥原希望さんの活躍が
ますます楽しみです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする