阪神横田が行った脳腫瘍の治療法!治療に痛みはあるのか?

横田慎太郎

阪神の横田慎太郎外野手が練習に復帰できる
までに回復した事が話題になっています。

横田慎太郎外野手は今まで公表していません
でしたが、脳腫瘍を患っていたことも明らか
になりました。

そんな横田慎太郎外野手の脳腫瘍の治療法は
どういった内容だったのか、
また脳腫瘍の治療期間や治療の痛みなども
調べてみました。

スポンサードリンク

横田外野手の脳腫瘍の治療期間

横田外野手は今年二月の沖縄キャンプ中に
頭痛がひどくなり、そのまま病院へ行き
脳腫瘍が判明しました。

その後緊急入院したと思われるので脳腫瘍
の治療期間は約半年くらいでしょうか。

もちろん症状やの進行度にもよると思い
ますが、横田外野手の場合は早期発見と発症
した場所などがよくて驚異的な回復に
つながったのかもしれません。

横田外野手が行った脳腫瘍の治療法

脳腫瘍の治療法は手術、抗がん剤治療、
免疫細胞療法などがあるようです。

横田外野手の発言で
「すごく厳しい治療もありました」と
あるので、手術はやっていると思われます。

脳腫瘍の手術といっても、細い掃除機の
ような医療器具で脳腫瘍を吸い取ったり、
切除など症状や進行具合によって色々な
方法があるようです。

横田外野手は手術と併用して抗がん剤治療、
免疫細胞療法も行っていたのかもしれませ
ん。

スポンサードリンク

脳腫瘍の治療の痛みはあるの?

脳腫瘍の治療はもちろん麻酔をするので
治療中は痛みがないそうですが、治療後の
麻酔がきれたときの痛みがつらいようです。

また、治療後の痛みはとてもゆっくりとした
ペースで消えていくと脳腫瘍の治療体験者が
語っていました。

横田外野手の「すごく厳しい治療もあった」
という発言からすると、やはりこの脳腫瘍の
治療後の痛みはきつかったようです。

横田慎太郎外野手の今後

半年ほど野球から離れていた横田外野手
ですが、体が覚えていますし、横田外野手の
ような一流の選手ならイメージトレーニング
はしていたでしょう。

そして横田外野手はすでに練習に
復帰していますので、完全復活までは時間の
問題でしょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする