ネタバレサイトの今後は?全国初の逮捕で閉鎖祭り開催!?

逮捕

ネタバレサイトで全国初の逮捕という事件が
おこりました!

すでにネタバレサイトは閉鎖しているところ
が出てきています。

ネタバレサイトが逮捕される境界線はあるの
か?

それとも、もうネタバレサイトは見れなく
なってしまうのか?

今後はネタバレサイトがどうなっていくのか
をシェアしていきます。

スポンサードリンク

ネタバレサイトが逮捕される境界線

今回検挙されたのは人気漫画の
ネタバレサイトです。

しかもこのネタバレサイトは発売前のものを
ネット上に掲載していました。

発売前というのは集客力が高く、実際に検挙
されたこのネタバレサイトはサイトの運営で
約7400万円の広告費を稼いでいたそうです。

しかし当然リスクも大きく、逮捕されるのも
ある程度覚悟していたと思われます。

問題は発売後やテレビ放送後のネタバレなら
逮捕されるかどうなるかという事です。

この場合は逮捕された例に比べると、かなり
多くの人がネット上に掲載しています。

これももちろん著作権にふれますが、この人
たちが全員捕まるかというとそうではありま
せん。

著作権の持ち主が訴えて初めて裁判になりま
す。

しかもこの場合は逮捕された例と比べると
著作者の怒りも少なく、
「サイトに削除するように」という
警告で終わるのがほとんどでした。

しかし逮捕される境界線はとてもきわどい
ので、やらないほうが無難でしょう。

スポンサードリンク

ネタバレサイトの今後

すでにお伝えしたように発売前や上映前の
ようなごりごりなネタバレサイトは次々と
閉鎖して消滅していくでしょう。

発売後やテレビ放送後のネタバレサイトは
どうなっていくかというと、これはまだ
境界線ギリギリなのでしばらく様子見になり
ます。

ですがネタバレサイトは著作者に不利益な
ことが多く、遅かれ早かれ閉鎖に
追い込まれると思います。

検挙される前に危険を回避?予兆はあった!

今回のネタバレサイトが逮捕される前には
予兆がありました。

今まで検索上位をしていたネタバレサイトが
次々と閉鎖祭りをしていたので、どこかで
情報を得ていたのでしょう。

ですから、今回は情報が回ってくるには
どうしてもタイムラグがある沖縄の
サイト運営者が見せしめに指名されました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする