ごめん、愛してるの最終回ネタバレ!見逃した人にお伝えします

親子

「ごめん、愛してる」もいよいよ最終回です
ね。

仕事や家族サービス、用事で見られなかった
人もいるでしょうし、単純に
「ごめん、愛してる」の放送自体を忘れて
見逃した人もいるかも知れません。

そんな見逃した人のために
「ごめん、愛してる」の最終回ネタバレを
シェアしたいと思います。

これで明日の話題にはついていけますよ。

スポンサードリンク

サトルの衝撃の真実

凛華は律を追ってようやく死ぬまで一緒に
いる事を律に承諾させる。

そんな中、病院を抜け出したサトルが現れた。

サトルは律と二人で話がしたいと凛華を
遠ざける。

こうして律とサトルは二人で話すことになり、
律は自分の命が短い事を伝えた。

しかしサトルにも衝撃の真実があった。

それはサトルが麗子の本当の子供ではない
(養子)という事だった。

麗子から愛されすぎて本当の事が言えな
かった事も伝えた。

そこで急にサトルが苦しみだしたので、凛華
をおいたまま律はサトルを病院に送った。

恒夫が土下座

そこにいた恒夫が律に真実を語り始める。

それは律を捨てたのは麗子ではなく恒夫だと
いう事だった。

恒夫「麗子が自分意外の子を産むのが許せな
かった。麗子には子供は死んだと伝えている。

お守りと指輪は罪滅ぼしのつもりだった」
と土下座をした。

スポンサードリンク

律の苦悩

サトルは麗子に家からとってきてほしいもの
があるからと、その場にいた律に車で麗子を
送ってくれとお願いした。

サトルの配慮でついに麗子と律は二人きりに
なった。

麗子が何か「お礼がしたい」と伝えると、
律は「めしを作ってください」とお願いした。

麗子が作ってくれた卵がゆを一口食べた律は
手が止まった。

自分は本当の子供だと伝えるか伝えないかの
葛藤している状態だったが、「すみません」
と一言残して去って行った。

この時麗子も感付きはじめる。

「ごめん、愛してる」のラスト

律は凛華のところに戻ると凛華は眠っていた。

律は眠っている凛華にキスをして凛華の携帯
から自分の画像を削除した。

眠っている凛華を再び残して律は海岸にいっ
た。

海岸から凛華に電話をかけて
「ごめん、愛してる」と凛華に伝えたのが律
の最後になった、
ここで突然、一年後という文字が出ました。

元気にピアノを演奏するサトル、麗子は
今までの出来事から律が本当の息子だった事
を悟った。

凛華もまた元気を取り戻し始めていた。

以上「ごめん、愛してる」の最終回ネタバレ
の内容でした!見逃した人の役に立ったら
幸いです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする