セブン―イレブンが自販機設置!メリットとデメリットは?

セブン―イレブン自販機

大手コンビニのセブン―イレブン・ジャパン
が9月19日に都内中心の全国5か所に自販機を
設置しました。

もちろん普通の自販機と違って飲み物だけ
ではなく、おにぎりやサンドイッチ、さらに
パンなど多くの商品を販売しています。

セブン―イレブンは2019年2月末までに全国
に500台配置を目指すと公言していますが、
実現するのでしょうか。

そこでセブン―イレブンが自販機を設置する
メリットとデメリットをまとめてみました。

スポンサードリンク

セブン―イレブンのメリット

セブン―イレブンが自販機を設置する
メリットは人件費を使わずに商品を販売する
事が出来ることです。

これで今までお店を出すまでとはいかないが、
そこそこ需要があるところを狙っていける
ようになります。

万が一失敗してもさっと引くことも可能で
このメリットはかなり大きいですね。

セブン―イレブンのデメリット

セブン―イレブンが自販機を設置する
デメリットは近隣のセブン―イレブンの店舗
が商品の発注や補充まで管理しないと
いけないところです。

近隣のセブン―イレブンの店舗と言っても、
近くに自販機を設置してもあまり意味がない
ので、なかなかの距離になるでしょう。

となると中途半端に人でが必要になってきま
す。

暇な時間帯を見て自販機の管理に向かう事に
なるが、やはり店舗の手が薄くなることは
防犯上などさまざまな面でよくない。

ここらへんをどのように従業員を回して
行くかはとても難しく、セブン―イレブンの
デメリットと言えるでしょう。

スポンサードリンク

セブン―イレブン自販機は成功する?

とはいえ自販機の設置は、ファミリマート、
ローソンが先行して成功していますよね。

ですので先に出来た安全な道とも言える
かも知れません。

しかし需要が一定なのに対して供給側が
増えていく状況なので、そうそう簡単な
話しでもないようなのです。

コンビニ自販機戦国時代に突入しました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする