ヤマト運輸の労働環境は改善されているの?隠れて仕事をする社員

クロネコヤマト

ヤマト運輸のある支店が残業代未払いを理由
に書類送検されましたね。

サービス残業代未払いでヤマト運輸が
書類送検されるのは全国初と話題になってい
ます。

ヤマト運輸をはじめとする運送業界は
労働環境の改善に動いてますが、あれから
ヤマト運輸の労働環境は改善されているので
しょうか。

ヤマト運輸の現状と今後についてシェア
したいと思います。

スポンサードリンク

ヤマト運輸の現状

ご承知の通り、ヤマト運輸はamazonからの
撤退や配送料の値上げなど、労働環境を改善
しようと大きく動いてきています。

現状もその動きは止まらず、時間帯サービス
の変更など積極的に行ってきています。

この動きは当分続きそうです。

ヤマト運輸の労働環境は改善されているのか?

ヤマト運輸の労働環境改善策で一番大きかっ
たのはamazonからほぼ撤退した事でしょう。

増え続けるamazonの物量から手を引いたのは
やはり大きいと言う言葉しかない。

しかし今までの物量がどうにもならない状況
だったので、現状がスタートライン。

ヤマト運輸の労働環境の改善はこれから進ん
でいきます。

スポンサードリンク

隠れて仕事をするヤマト運輸の社員

これだけ立ち入り監査やサービス残業が問題
になれば、さすがにヤマト運輸の管理職側は
時間管理を社員に徹底させます。

しかし時間内に業務をこなせない社員も
たくさんいるので、社員は管理職に見つから
ないように隠れて仕分けや積み込み作業を
していました。

とはいってもヤマト運輸の労働環境は間違い
なく改善に向かっているので、このような
現状はなくなっていくことでしょう。

ヤマト運輸の今後

今まで社員に負担をかけていた分を改善して
いこうとしているので、ヤマト運輸は一度は
失速するかもしれません。

しかし社員の出入りが激しくてて、社員教育
に費やしてきた費用が軽減できるのもまた
大きい。

ですから結果的にはヤマト運輸の今後は
明るいと言えるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする