ウソ告白が流行しているのはなぜ?簡単な見分け方と対処法!

ウソ告

LINEアプリでウソの告白をする通称
「ウソ告」。

今このウソ告が中学生から高校生くらいの間
で流行しています。

なぜこのようなウソ告が流行しているのでし
ょうか?

ウソ告のターゲットにされてしまった側の
影響は計り知れません。

そこでウソ告の簡単な見分け方と対処法に
ついてシェアしたいと思います。

スポンサードリンク

ウソ告が流行しているのはなぜ?

ウソ告という言葉は実は10年以上前から存在
します。

しかしこの時のウソ告は今とは少し異なり
ます。

ウソ告はもともと相手に直接告白するときに
使われました。

告白するときに相手の反応をみて判断をし、
だめだと思ったらそこで「ウソでした」
という逃げ道を作っていたんですね。

そうなれば次に会う時もお互いに顔を合わせ
にくいという状態を緩和することが出来ます。

まあウソ告された相手も本気だとわかって
いる事がほとんどですが、この頃のウソ告は
誰も傷つけるものではありませんでした。

しかし今のウソ告はいたずら目的のために
「イタ告」とも言われています。

今ではウソ告は相手をからかって面白がる
イコール「ウソ告」になりました。

さらに誰でも簡単にメールのやりとりが
できるLINEの普及により、ウソ告は今流行
しているようです。

スポンサードリンク

ウソ告の簡単な見分け方

ウソ告の見分け方は意外に簡単です。

それは自分が好きな人に告白するならどの
ような行動をするかということです。

いくら相手に好きな事を感付かれたくないと
思っていても、相手にはかならず伝わって
いるものです。

もし一目ぼれだったとしてもある程度態度に
でますよね。

ですからウソ告はそんな前触れもなく突然
メールで告白されます。

ウソ告は見分け方は冷静になれば意外と簡単
だと言えます。

ウソ告された時の対処法

ウソ告された時の対処法は
「会って話しましょう」というのが一番です。

ウソ告はいたずら目的なので、もし本当の
告白ではなく、ウソ告ならその時点で白状
するかも知れません。

このようにウソ告は冷静に大人の対応を
すれば怖くありません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする