市川猿之助けがの程度や症状は?後遺症で復帰は厳しい!?

骨折

歌舞伎俳優の市川猿之助さんが10月9日の
舞台公演中に左腕を骨折する事故が起きまし
た。

昇降装置に衣装が巻き込まれたのが原因です。
市川猿之助さんのけがの程度や症状はどう
なのでしょうか?

また後遺症も残るのか調べて見ました。

スポンサードリンク

市川猿之助プロフィール

四代目 市川猿之助

屋号 :澤瀉屋

本名 :喜熨斗孝彦

出身地 :東京都

血液型 :O型

生年月日:1975年11月26日(41歳)

市川猿之助けがの程度や症状は?

市川猿之助さんのけがの症状は左腕開放骨折
で重症です。

開放骨折とは折れた骨が外部に露出して自分
でも骨が見えてしまう状態です。

この症状ならもちろん手術もしないといけま
せんし、リハビリも必要です。

稽古も含めて復帰には最短でも半年はかかり
ます。

症状の程度にもよりますが、なかには
リハビリで2年かかったり、後遺症が残る人も
いるようです。

市川猿之助さんは主演ですがもちろん公演を
続けるのは無理で、休演か代役を立てるしか
なさそうです。

市川猿之助さんには何とか後遺症なく復帰
してほしいです。

スポンサードリンク

他にもけがや事故があった!

今回の市川猿之助さんの事故は一歩間違えば
腕を失う可能性や、窒息する事もありえまし
た。

実際に前に宝塚でもスカートが絡まって胴体
が切断された人がいたようです。

今後このよな事故やけがが起きないように、
昇降装置に安全装置やカバーなど改善する
ことが急務になります。

最近は芸能人のけがや骨折が増えています。

体が資本の仕事なので、自分で自分を守る
意識も必要なのかも知れません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする