東名高速死亡事故の容疑者男が逮捕!起訴や処罰はどの程度?

逮捕

東名高速道路で今年6月に起きた死亡事故で
す。

ささいな事から逆上した男が、
東名高速道路上で相手の車を停止させたため
に、トラックが後ろから突っ込む事故を誘発
させました。

この事故で相手方の夫妻が死亡して、車を
東名高速道路上に停止させた男が10月10日に
逮捕されました。

直接衝突していない車の運転手を逮捕する
のは異例と言われていますが、容疑者の男は
起訴されるのでしょうか。

また起訴されるなら処罰はどの程度になる
のか調べてみました。

スポンサードリンク

容疑者は起訴される?

まず容疑者の男は起訴されるのかと言うと、
間違いなく起訴されます。

なぜなら直接接触していない事故でも
起訴されるケースは他にもあることです。

例えば相手が自転車の場合、自分が運転
する車にびっくりして自転車がこけた場合、
直接接触していなくてもこちら側に非が
あります。

今回の場合、高速道路上に相手の車を停止
させるという非常に危険な状態を作り出し、
実際に相手方が亡くなっています。

これは誰の目から見ても容疑は確定で、
間違いなく起訴される事になります。

容疑者の処罰はどの程度?

今回の東名高速死亡事故は死者も出てます
し、容疑者の処罰はかなり重いとものと
推測されます。

おそらく人をひいて相手が亡くなるのと
同じ罪になるでしょう。

不運ですが、後ろから追突したトラックの
運転手も同じくらいの罪です。

スポンサードリンク

次はあなたが容疑者かも!

車を運転しているとイライラする事あり
ますよね。

このイライラが今回の東名高速死亡事故の
一番の要因です。

この事故が他人事と思っているなら次は
あなたが容疑者になる番かもしれません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする