斐紹を交換トレードした理由!ソフトバンクの狙いがエグイ

トレード

ソフトバンクが
山下斐紹(やました あやつぐ)捕手と楽天
の西田哲朗内野手との交換トレードが成立
しましたね。

細川さん、鶴岡さんに続いて斐紹捕手まで
交換トレードで放出するソフトバンクに
ファンから「大丈夫か?」という声が上がっ
ています。

しかしソフトバンクも理由があって斐紹捕手
を交換トレードしました。

そんな理由に迫ってみました。

スポンサードリンク

山下斐紹プロフィール

本名  :山下 斐紹(やました あやつぐ)

登録名 :斐紹

出身  :北海道札幌市

生年月日:1992年11月16日(24歳)

身長  :179 cm

体重 :93 kg

2010年 ドラフト1位

山下斐紹を交換トレードした理由

ここ数年で何人も捕手を放出する
ソフトバンクは大丈夫でしょうか。

ソフトバンクが斐紹捕手を交換トレードした
理由はいくつかありましが、まずは
甲斐拓也(かい たくや)捕手の成長が
著しい事でしょう。

先日のゴールデングラブ賞初受賞も記憶に
新しいところです。

さらに言うと、第3の捕手として
ソフトバンクの育成枠で成長している選手が
甲斐捕手意外にいるとも噂されています。

内野手の層をさらに厚くしたいソフトバンク
が西田哲朗内野手を開花させる自信があると
いうのも、斐紹捕手と交換トレードした理由
の一つです。

ソフトバンクはユーティリティが重要だから、
常に今を中心に動いていますね。

スポンサードリンク

交換トレードはよかったのか?

楽天は捕手が薄いですし、斐紹捕手は覚醒
すれば爆発的に活躍できる選手なので儲け
ものでしょう。

対してソフトバンクも内野手を補強したいし、
西田哲朗内野手を育てる自信もある。

いろいろ見方はありますが、今回の交換
トレードはお互いにとってよかったのでは
ないでしょうか。

斐紹捕手も西田哲朗内野手も出場機会を
欲していたので、みんなに不満のない交換
トレードになりました。

二人には新天地で活躍してほしいですね^^

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする