JR埼京線の車両窓ガラスにひび割れ!原因は鳥だった?

埼京線の車両窓ガラスひび割れ

11月22日の22日午後6時40分ごろ、
JR埼京線の車両窓ガラスにひび割れが
見つかりました。

この帰宅ラッシュの時間に埼京線は一時
運転を見合わせしたというから、利用者に
とっては勘弁してほしいですよね。

いったい埼京線の車両窓ガラスのひび割れ
原因は何だったのでしょうか?

また今後対策はどのように行われていくか
などシェアしていきます。

スポンサードリンク

バードストライクが原因?

バードストライクとは、鳥が乗り物の
フロントガラスに当たってガラスを破損
させる事です。

また鳥が直接飛行機のエンジンに入り込み、
エンジントラブルを起こす事も
バードストライクと言われます。

しかし今回の埼京線の車両窓ガラスひび
割れ原因はバードストライクではありませ
ん。

なぜなら電車の窓ガラスは強化ガラスで、
簡単にはひび割れしません。

電車の進行方向のフロントであれば、
鳥が当たっただけでもガラスを破損させる
事があります。

しかし埼京線の車両窓ガラスひび割れは
側面です。

ですから原因はバードストライクではあり
ません。

埼京線の車両窓ガラスひび割れ原因

では埼京線の車両窓ガラスひび割れの原因
は何なのでしょうか。

それはやはり誰かによる「投石」が原因と
みてほぼ間違いないでしょう。

投石が原因なら、画像のようなひび割れが
全体的な広がりではなく、石が直撃した
部分を中心にひび割れが広がったように
なると思いますよね。

ガラスひび割れ
しかし電車の窓ガラスは少し特殊で、一点
に圧力がかかっても分散するようにできて
います。

これでガラスに圧力がかかっても割れに
くく、乗客への被害をくい止めているんで
すね。

スポンサードリンク

今後の対策

埼京線の車両窓ガラスひび割れ原因は投石
でほぼ間違いないとお伝えしてきましたが、
ひび割れが発見された時間帯が夕方なのに
目撃者がいないのが不思議です。

犯人はおそらく乗客が少ない区間を
あらかじめ知っていたはずで、突発的では
なく計画性があります。

今後の対策としては監視カメラの増設や
ドライブレコーダーの側面への取り付け
などが考えられます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする