新千歳空港管制システムトラブル!不具合の原因がやばい

トラブル

11月24日の20:00頃に新千歳空港
の無線に不具合が起きました。

一時航空機と交信が取れなくなくなってし
まい、新千歳空港の離着陸にも大きな影響
がありました。

21:20分頃に無線の不具合は復旧して
いますが、原因は何だったのでしょうか?

新千歳空港管制システムの不具合の原因に
迫りました。

スポンサードリンク

新千歳空港(しんちとせくうこう)

所在地 :北海道千歳市

所有者 :国土交通省

運営者 :国土交通大臣

運用時間:24時間

開港 :1988年7月1日

ターミナル数:2

敷地面積:719 ha

不具合になった原因は何?

今回の新千歳空港管制システムのトラブル
は無線の周波数に障害が起きて航空機と
連絡がとれなくなる不具合です。

管制システムでの無線トラブルは今までで
ありそうで、実は例がないようです。

なぜなら管制システムで無線に不具合が
起きてしまえば、命にかかわるうえに多額
の損失がでます。

さらに新千歳空港は自衛隊の管轄で管制
システムは万全で、不具合の原因は
よっぽどな事が理由でしょう。

その原因は「サイバーテロ」「妨害電波」
「音響攻撃」などの他国からの攻撃が濃厚
です。

現在は原因は不明で調査中としていますが、
すでにある程度のめどはついているはずで
す。

今後の駆け引きなどの観点から新千歳空港
管制システムのトラブルの原因は違う形で
発表になるかも知れません。

スポンサードリンク

管制システムの対策

無線トラブルは今までありそうでなかった
ので、今回はここをつかれた感があります。

しかし同じ手を食うわけにはいかないので、
何とか対策をしてくれるはずです。

とは言っても、これから日本や世界はどう
なっていくのか心配になりますね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする