漂着の北朝鮮船が消えた理由!原因は証拠隠滅だった?

なくなった理由

23日午後11時半ごろに発見された漂着の
北朝鮮船が、秋田県警が監視している中で
消えてしまいました。

報道では漂着の北朝鮮船は流された、沈んだ
などとされています。

しかし北朝鮮船が消えた理由には闇が
ある事がわかってきました。

そんな北朝鮮船が姿を消した原因をシェア
していきます。

スポンサードリンク

北朝鮮船は流されたか沈んだ?

報道されたような「流された」「沈んだ」
可能性は正直考えにくい。

ロープでくくって有る船が簡単に流される
わけもなく、もし浸水して沈んだのなら木片
が浮いてくるのですぐわかります。

また仮に「流された」「沈んだ」のならすぐ
に発見できるはずで、まだそんな報道もない
事から漂着の北朝鮮船が消えた理由は
他にあるようです。

北朝鮮船が消えた理由

漂着の北朝鮮船はイカ釣り漁船としています
が、保護された漁師8人が元気すぎる事が
不可解です。

なぜならこの北朝鮮船は1ヶ月も漂流して
いたと言います。

普通の漁船に1ヶ月間の8人分の水や食料を
積んである訳がありません。

非常用としても1人の2週間分くらいでしょ
うか。

ですからこの漂着の北朝鮮船は工作船の
可能性が非常に高いです。

船が消えた理由は証拠隠滅のため回収
したと推測できます。

スポンサードリンク

北朝鮮船を回収した方法

では秋田県警が監視している中で、どのよう
にして北朝鮮船を回収したのでしょうか。

これにはいろいろな方法が考えられますが、
例えば二重底の工作船。

これであればまだ中に人が残っていて、誰か
が乗り逃げする事ができます。

他にも潜水艇を使っての引き船での回収も考
えられます。

今回は海上保安庁が北朝鮮船を見逃して上陸
を許してしまい、県警が環視の中船が
消えてしまいました。

まさか国内にスパイなんていたら、いよいよ
日本危うしでしょうか。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする