新幹線の製造会社はどこ?亀裂が入った原因にマジかよ!

亀裂

12月11日の東海道・山陽新幹線の車両で、
亀裂や油漏れなどが見つかりました。

新幹線のトラブルでは初となる重大
インシデントに運輸安全委員会が認定しまし
た。

年末で多くの人が利用する新幹線、原因が
気になりますね。

そこで新幹線に亀裂が入った原因と新幹線の
製造メーカを調べて見ました。

スポンサードリンク

重大インシデントとは

アクシデントは事故のことで、インシデント
とは事故が起きる恐れがある一歩手前という
意味です。

車の運転ではヒヤリハットと言ったりします
ね。

ですから重大インシデントとは「大きな事故
が発生してもおかしくない状態」という意味
で、国土交通省から厳重に注意されますね。

新幹線の製造会社はどこ?

日本国内で新幹線を製造する会社は

・川崎重工業
・日立製作所(日立)
・日本車輌製造
・近畿車輛
・総合車両製作所

以上の5社です。
この中でも一番多く新幹線を製造しているの
は日本車輌製造です。

スポンサードリンク

新幹線に亀裂が入った原因

新幹線に亀裂が入った原因は製造会社とは
あまり関係ありません。

なぜなら亀裂が入る前に予兆があるからです。

ですから亀裂が入った原因は点検もれだと
推測できます。

さらに点検整備員の定年退職が一斉に
始まっているらしく、人員不足なんです。

すなわち、元をたどれば新幹線に亀裂が
入った原因は「点検整備員の人員不足」
と言えるでしょう。

まとめ

最近日本では製造会社の不祥事が目立ってい
ます。

今回の新幹線は製造会社はあまり関係ない
かもしれませんが、いよいよ日本が崩壊に
向かっているのかも知れません。

スポンサードリンク

こんな記事も読まれています



シェアする