札幌雪まつりの空港や駅へのアクセス方法!損する乗り物とは?

アクセス

例年200万人以上もの動員数を誇る
札幌雪まつりですが、いくら北海道が広大
な土地であるとはいえ、短い期間に
それだけの人が集まる光景は圧巻です。

しかし札幌雪まつりの各ルートにおいては
大混雑が予想されます。

ここでは札幌雪まつりへのアクセス方法と、
各会場ごとへのお勧めの行き方をご紹介
します。

スポンサードリンク

札幌雪まつり空港へのアクセス

遠方の方が札幌雪まつりに参加される場合、
やはり一番に手っ取り早いアクセス方法は
飛行機で北海道入りを果たすことです。

北海道の空港と言えば新千歳空港です。

新千歳空港に到着後はバスや電車での移動
を行うのですが、バスはあまりお勧めでき
ません。

なぜかと言うと、バスの運行時間は
決まってはいますが、雪が積もっていたり、
路面が凍結してバスが走れない状況が多い
からです。

さらに、札幌雪まつりへ参加するために車
で向かっている方が多く、大渋滞が予想
されます。

そのためスケジュール通りに到着できない
可能性が高いのです。

それにくらべて、電車であればバス程積雪
や凍結の影響はほぼないと言えます。

空港には新千歳空港駅があるので
そちらから向かいます。
6駅で札幌駅に到着します。

一番最速のアクセス方法は快速エアポート
です。

こちらは札幌駅まで約37分で到着します。
車であれば60分、バスであれば70分ほど
かかるため半分程度の時間で到着しますし、
天候等の影響を受けないので一番おススメ
なアクセス方法です。

さらにバスであれば順番待ちをしなければ
なりませんが、快速エアポートは事前に
インターネットから予約が出来ます。

JR北海道予約サービスにアクセスして、
乗りたい便を予約しておきましょう。

約一週間と長い期間続く札幌雪まつりですが、 会場となる大通会場・つどーむ会場・ すすのき会場の3つには、それぞれテーマが 決ま...

各会場に向かうアクセス方法

札幌駅に到着後に各会場に向かいますが、
それぞれ方向が全く別なので、大通会場を
見てから「つどーむ会場」に行くのは一度、
札幌駅に戻ってこないといけないので注意
しましょう。

大通会場

つどーむはそこからさらにバスに乗って
移動します。

札幌駅のバスターミナルが徒歩圏内にある
ので、そこから北1条西7丁目まで向かい、
降りると直ぐ大通会場です。

つどーむ会場

つどーむに関しては既存のバスではなく、
臨時のシャトルバスを利用しましょう。

ただ、札幌駅からではなく地下鉄東豊線で
6駅先の栄町駅まで向かいます。

札幌雪まつり期間中は10分程度間隔で
シャトルバスが出ています。

片道100円とお安いので是非利用します。

すすのき会場

札幌駅のすぐ前なので歩いて向かいましょ
う。

どの会場に向かうかは宿泊予定のホテル
から近い場所を選びましょう。

ただし札幌雪まつりは1年近く前から日程が
決まっているので、当日は予約がすでに
埋まっており、前泊される方も居るので
予約を取るのが難しい状態です。

札幌雪まつりでは雪像や氷像を眺めることが 目的ではありますが、同時に楽しみなのが グルメや温泉です。 北海道と言えば冬のグ...

日程が決まり次第早めに予約を取るの事を
お勧めします。

スポンサードリンク

バスでのアクセス方法

札幌雪まつり会場にバスを利用する場合、
札幌に向かうバスが数多くあります。

ただ、空港の章でもご説明した通り、天候
や路面の状態に左右されやすく、悪天候
かつ路面凍結であれば、最悪運行しない
ケースも予想されます。

時間に余裕のある方ならば構いませんが、
そうでない方は控えた方がいいかもしれま
せん。

札幌駅までの所要時間は60分から70分程度
となっています。

ただ何もなかったらその時間であり、場合
によってはもっとかかる事もあるので注意
が必要です。

車でのアクセス方法

札幌雪まつり会場に車を利用する場合は、
北海道高速自動車道札幌ICから札幌に入り、
そのまま会場に向かいます。

ルートは数多くありますが、車で
向かわれる方は多く大渋滞が予想されます。

札幌雪まつりは1回の祭りを行うだけでも 数十億もの資金が必要になると言われており、 札幌市も2億以上は出しているようです。 ...

そして北海道は他県と比べると大型駐車場
を数多く取り揃えています。

しかし、あまりにも利用客が多すぎるため
満車が殆どであり、駐車できない事態が
毎年出てきています。

その影響で過去に雪まつり開催地だった
会場が閉鎖を余儀なくされた事もあり、
札幌雪まつりの課題の一つとなっています。

各会場に向かう際の注意点

前泊であれば問題ないのですが、当日
札幌雪まつりに向かわれる方は大量の荷物
を持たれていると思います。

通常であれば駅のコインロッカーに荷物を
入れて、小さなカバンだけで参加すると
言うパターンです。

ただ札幌雪まつりの各会場周辺には大型の
コインロッカーが少なく、繁忙期である
ため直ぐに埋まってしまうケースも珍しく
ありません。

宿泊予定であるならば先にホテルに向かい、
荷物を預けておく事をお勧めします。

それが難しい方にお勧めなのが、昨年1月に
北海道でスタートした
ecbo cloak(エクボクローク)と呼ばれる
サービスです。

こちらは既に東京や沖縄などでもスタート
しているサービスです。

どのようなサービスかというと、一般的
には荷物預かり専門の場所の事です。

しかし、それでは建物を作らなければ
ならず現実的ではありませんでした。
そこで「荷物を預けたい人」と
「荷物を保管できる場所を持っている人」
を繋げるサービスを考案しました。

これをecbo cloakと言います。

運営会社は場所を作る必要がなく、場所を
持っている人も開いているスペースを
有効活用できるので、win-winの関係と
なっています。

札幌市を中心に広がっているため、札幌市
には数多くのお店が加盟しています。

会場近くのお店をリストアップしておきま
しょう。

年々動員数が増加している雪まつり期間中
は、あまりの混雑から何が起きるか予想
できない状態です。

事前にルートを考え、余裕をもって
会場入りを目指しましょう。

こんな記事も読まれています



シェアする