99.9-刑事専門弁護士-II第2話のネタバレとオヤジギャグ

裁判

99.9-刑事専門弁護士-II第2話が放送されま
したね。

第2話は26年前に深山大翔の父親が殺人事件
の犯人として逮捕された事に迫ります。

深山は父親のえん罪を証明できるのかという
波乱の内容でした。

しかし裏番組は「相棒の劇場版」という事で
かなり強力。

また、仕事や用事で見逃した人もいる事で
しょう。

そこで99.9-刑事専門弁護士-II第2話の
ネタバレとあらすじをシェアしていきます。

スポンサードリンク

99.9-刑事専門弁護士-II第2話登場人物

丸川貴久  :青木崇高

深山大介  :首藤康之

鏑木美里  :織田梨沙

鏑木美由紀 :野々すみ花

三宅宏之  :小倉一郎

藤原    :不破万作

内田    :奥田達士

小倉    :薬丸 翔

深山(幼少):森田愛蓮

大友修一  :奥田瑛二

99.9-刑事専門弁護士-II第2話のネタバレ

99.9-刑事専門弁護士-II第2話は深山の父親
が26年前に殺人事件の犯人にされてしまった
真相を解いていきます。

深山の父親は拘留中に亡くなっているが、
それでも深山は0,01パーセントの可能性に
挑みます。

前回の契約だけだった尾崎舞子は斑目春彦に
説得され、再び今回まで手伝う事になります。

この事件は織田梨沙さんが演じる
「鏑木美里」という女子高生が殺害された
事件でした。

当時雨が降っていて、偶然見かけた
顔見知りの美里を深山の父親が車で送って
いく事に。

近くのコンビニで美里を下ろした深山の父
だったが、翌日に美里が遺体で発見され、
さらに深山の父が貸した傘がそばに
落ちていた事から、犯人として深山の父が
捕まってしまう。

手掛かりは「お守り」が一つだけ。

このお守りは深山の父親のものでも被害者
のものでもない。

犯人のものだと確信した深山大翔はこの
お守りを徹底的に調べる事に・・・。

するとこのお守りは、ある山の上にある
神社の縁結びのお守りだと判明。

さっそく深山チームはこの山の上にある
神社を登山して、本当にお守りが売られて
いるか確かめにいった。

そこで深山は26年前の入山記録を調べる事
を思いつく。

入山記録とは登山する前に山のふもとで、
遭難などに備えて指名と住所を記録する
ものです。

深山チームは26年前の膨大な量の入山記録
を調べるが、当時関わった人物の氏名は
見当たらない。

ダメもとで深山チーム4人で確認した
入山記録を、人を入れ替えて再度調べ直す
ことに・・・。

すると深山は明石達也が「犯人は透明人間」
と冗談で言った言葉にピントくる。

事件に透明人間になれたのは「警察官」で、
当時関わった警察官の名前が入山記録に
載っていたのだ。

真犯人の警察官・小倉も亡くなっていて、
記録を覆すことはできなかったが、真相に
たどり着いた深山は納得するのであった。

この事件を手伝った舞子は深山に心を
動かされ、結局この斑目法律事務所の正式
な一員になるのであった。

スポンサードリンク

深山大翔の第2話オヤジギャグ

深山大翔の第2話のオヤジギャグは以下の
通り。

・いただきマツコデラックス
・うん、この味(うんこの味)
・なすすべなし(なすを片手に)
・透明人間と、うめェいんげん

こんな記事も読まれています



シェアする