海月姫第3話ネタバレ!蔵之介の女装がバレル!?

クラゲ

1月29日の21時から海月姫の第3話が
放送されました。

ドラマは第3話から大きく急展開すると
言われますが、海月姫もこの第3話から
大きく動きます。

しかし見逃してしまった人もいるでしょう。
そこで海月姫第3話のネタバレをシェアして
いきます。

スポンサードリンク

海月姫第3話ネタバレ①

蔵之介監修のもと、月海と一緒にクラゲの
ドレスの制作の取り掛かる。

そんな中、修の希望でついに修と月海の
二人きりのデートが実現する。

「メガネをかけなくれば顔が見えないので
緊張しない」という蔵之介のアドバイスから、
なんとか順調にデートをこなしていく。

しかし月海は食事中にグラスを倒してしまい、
グラスのかけらを拾おうとメガネをかけて
しまう。

そのメガネ姿の月海を見た修は、自分が気色
悪いと言ってしまったおたく姿の月海と、
変身した月海が同一人物だと気づく。

修は月海を天水館に送り、放心状態で帰って
いくのであった。

海月姫第3話ネタバレ②

クラゲのドレスの制作には蔵之介の家で
行った方が都合がよいと思った蔵之介は、
月海に家に来るように伝えるが月海は修に
会う事を恐れて断る。

そこで蔵之介は天水館の住人の千絵子と
ジジ様を釣り、月海を無理やり蔵之介宅に
連れてこさせる。

月海の才能が目覚め始め、みるみるクラゲの
ドレスが完成した。

蔵之介はクラゲのドレスを試着するために、
千絵子とジジ様をリビングで待たせる。

部屋に残った蔵之介と月海はクラゲのドレス
の完成度に喜ぶが、リビングでは問題が
起こっていた。

リビングで待っていた千絵子とジジ様の前に
父親の鯉淵慶一郎が返ってきたのだ。

父親の話しの流れから、蔵之介が男である
ことを千絵子とジジ様は知ってしまう。

先に帰ってしまった千絵子とジジ様を不思議
に思いながら、蔵之介と月海は天水館に向か
う。

その帰り道、偽装された一夜の事を話し
終わった修と稲荷翔子を乗せた車が前を通る。

蔵之介と月海に気付いた修と稲荷翔子は
車から降りてきた。

すると稲荷は偽装された一夜の写真を月海に
見せつけ、ショックを受けた月海はその場を
立ち去ってしまう。

翌日、蔵之介は千絵子とジジ様から喫茶店に
呼び出され、男である事を問いただされる。

海月姫第3話を無料で視聴する方法

海月姫第3話のネタバレをお伝えしましたが、
どうしても割愛する部分が出てきます。

やはり無料で視聴できるなら見たいですよね。

そこで海月姫第3話を無料で視聴するには
FOD(フジテレビオンデマンド)という
動画配信サービスを利用します。

FODで今だけ無料で見られます。

いつまで無料で登録できるか分からないので、
早めに見ておきましょう。

31日間の無料視聴はこちら
↓  ↓  ↓
FODプレミアム(31日間無料)新規入会

※FODは31日間以内に解約すればお金は
 一切かかりません!

こんな記事も読まれています



シェアする