桜の開花2018年!大阪の時期とお花見スポットをご紹介

桜開花

桜の季節がやってきました。
毎年気になる桜の開花予想や時期、天候に
よっては桜の開花が前後してしまうことも
珍しくありません。

お花見を十分に楽しむためには開花時期を
知ってないと、行ったのに
「既に散っている」「まだつぼみ」という事
もあり得るので気を付けましょう。

そこで2018年大阪の桜の開花時期やお花見
スポットをご紹介します。

スポンサードリンク

2018年大阪の桜の開花予想

大阪の桜の開花は例年3月下旬から4月
かけてとなっています。

ここ5年程は開花日が数日間前後することは
ありましたが、2018年は低気圧や寒気が多く、
その影響からか桜の成長速度が緩やかとなっ
ています。

現時点では例年通りの開花予想となっており、
2018年大阪の桜は3月27日ごろに開花すると
予想されています。

ただ開花予想において一番最初に確認される
のは「ソメイヨシノ」となっています。

お花見スポットによってはソメイヨシノでは
なく、別の桜が多いところやメインとなって
いる場合もあります。

それにより3月27日以降に行ったのに殆ど
咲いてないこともあり得ます。

全ての桜が3月27日に咲くわけではない
という事を覚えておいてください。

それでは大阪府内の2018年お勧めお花見
スポットをご紹介します。

大阪のお花見お勧めスポット

大阪城公園・西の丸庭園

大阪城公園・西の丸庭園

大阪と言えば何といっても大阪城でしょう。
観光スポットとしても有名ですが、お花見
スポットとしても一番人気を誇っているので
す。

園内には総数3000本物様々な種類の桜が
咲き誇っており多くの見物客を楽しませてい
ます。

開園時間:9時~21時となっています。

駐車場は大阪城内は勿論ですが中心部という
事もあり、近隣には有料駐車場が多数ありま
す。

また、公共交通機関も近く便利に利用できま
す。

大阪城公園内でもっともお花見スポット
として人気のエリアは西の丸庭園です。

公園内全体が桜のスポットではあるのですが、
真のスポットといえばこちらの庭園です。

庭園内にはソメイヨシノをメインに300本
の桜が立ち並び地面が芝生という事もあり、
下に座ってお花見を楽しむことが出来ます。

さらに言えばこのエリア、入場料が必要な
ため、人の出入りはかなり減ります。

ですから、静かな場所でお花見が出来るので
す。

通常は夕方で終わってしまいますが、
桜の季節のみライトアップが行われます。

入場料が350円と必要ですが、宴会も
大丈夫なので払うだけの価値はあります。

大阪城公園・東外堀東側

もう一つのおススメエリアは東外堀東側です。
4月と言えど夜になるとまだ少し肌寒く、
温かいものを食べたいですね。

しかしお花見が出来るところでは火気厳禁の
場所が非常に多く、桜が燃えてしまっては
いけないなどの理由からですが、結構制限
されています。

大阪城公園内も同様に火気厳禁ですが、
こちらの東外堀東側では毎年4月1日頃から
5月上旬までバーベキューが解禁されます。

人気で毎年大混雑するため、この期間のみ
準備から片付け、食材まで全てセッティング
してくれる業者もいるので、手ぶらで
バーベキューを味わえます。

スポンサードリンク

造幣局の桜の通り抜け

造幣局の桜の通り抜け

「お散歩がてら桜見物をされたい方におススメ」
大阪府内のお花見スポットの中でも歴史は
長く始まったのが明治16年と言われています。

毎年造幣局構内旧淀川沿いの全長約560mの
通路に満開の桜が咲き誇り、いつもは造幣局
なので進入禁止ですが1週間のみ一般客に
開放されるのです。

4月中旬ごろが見頃ではありますが、満開時に
開放されるため毎年その1週間は変動するので
情報をチェックしておきましょう。

350本の桜は見ものであり夜になるとぼんぼり
が灯りだし幻想的な雰囲気を醸し出してくれ
ます。

名前にある通り、通り抜けなので宴会等は
禁止されているために見物目的の方に
おススメです。

駐車場は無く、造幣局に駐車することも
出来ないので注意してください。

また通り抜けできる一部区間のみ開放で
進入禁止のエリアもあるので気を付けましょ
う。

子供も大人も楽しめる「ひらかたパーク」

大阪の遊園地と言えばひらかたパークです。
お花見を長時間楽しむのはなかなか難しく
お子様であれば直ぐに飽きてしまい、楽しめ
ているとは言えません。

ひらかたパークは遊園地であるため、桜見物
とアトラクションを同時に楽しめることが
出来るので人気です。

ソメイヨシノを中心に300本の桜が
トンネル状になっており、散歩をしながら
桜見物ができます。

また宴会とまでは行きませんが休憩できる
ところもあります。

全長1300mの「レッドファルコン」や観覧車を
楽しんでいる途中、すぐ横に桜が咲き誇って
いることもあり春を満喫できるのです。

駐車場や営業時間等はひらかたパークに
準じます。

日本万国博覧会の舞台「万国記念公園」

昭和45年に日本で初めて行われた大阪万博と
呼ばれる史上最大のイベントですが、その
舞台の跡地を整地したのがこちらの公園です。

万博を開いていたこともあり、甲子園球場
65個分の広大な敷地面積を誇り今でも敷地内
ではレストランや遊べる場所や数多くの
イベントが執り行われている他、当時の万博
の遺産も残っているので行く価値ありです。

そんな記念公園ですが桜の数はソメイヨシノ
やヤマザクラを中心に5500本とかなりの数で
す。

桜の時期になると宴会OKライトアップ・屋台
ありと至れり尽くせりです。

かなり広いので場所取りにもそこまで
苦労無いのでお勧めです。

こんな記事も読まれています



シェアする