桜の開花2018年!三重の時期とお花見スポットをご紹介

桜開花

2018年も桜のつぼみも膨らみだし、身近に
感じれるようになりました。

毎年1月~3月の天候によって桜の開花時期は
変わってきます。

成長が遅れれば遅れるほど開花時期は
3月~4月にまで延びてしまい
三重県でも最長で1984年の4月12日と昨今の
開花日と比べると明らかに遅れたことが
分かるくらい天候に左右されるのです。

そこで2018年三重県の桜開花の時期と、
お花見スポットをご紹介していきます。

スポンサードリンク

2018年三重県の桜開花時期

寒波が訪れた地域も全国を見ても比較的多く、
都心部でも積雪が確認されたりしています。

そう考えると2018年の開花日は遅れるのでは
ないかと推測します。

ですから、2018年の三重県の桜開花時期は
4月の初めになるのではないかと予想されて
います。

そんな三重県ですがお花見スポットが多数
点在しており、そのうちのいくつかを
ご紹介していきます。

三重県のお花見スポット

三多気の桜

三多気の桜

三重と言えば三多気と言われる程有名
お花見スポットです。

国の名勝に指定され、さくら名所百選にも
なっている程の桜があります。

ヤマザクラを中心とした500本の桜が咲き
誇っています。

こちらの桜がある津市美杉町は伊勢国司・
北畠氏の本拠地でもあることから歴史
好きな方も多く、見えられることもあり
人気のスポットとなっています。

営業時間:特に公園などではなく参道なの
で営業時間はありません。
入場料:ありません。

アクセス:伊勢道久居ICより1時間
駐車場も150台ほど止められます。

桜の季節で1週間ほどは協力金として有料に
なります。

特に公園ではなく桜並木なので保存・管理等
でお金が必要になってくるためご協力を
お願いします。

お花見:レジャーシートを敷いて食べたり
するのは難しいです。

道が狭いところもあり、地元の住民の方も
おられるため迷惑になります。

駐車場付近であれば休憩できるスペースも
あります。

トイレ:駐車所付近に公衆トイレがあります。
おススメ:4月中旬になると2日間で
三多気桜まつり」が開催されます。

イベントや広場でバザーが行われます。
ライトアップ:18時から21時までの間は
夜桜見物が出来ます。

宮川堤(みやがわつつみ)

伊勢市にある桜並木です。
夏になると伊勢神宮奉納全国花火花火大会が
行われ伊勢市の一大イベントとして全国から
数多くの観光客がやってきます。

見頃は3月下旬から4月上旬となっており、
ソメイヨシノとヤマザクラを中心約1000本が
奇麗に咲いています。

営業時間:24時間
入場料:無料

アクセス:きちんとした駐車場はありません
が、河川敷に止めるのが通例となっています。

軽く数百台は余裕で止めることが出来ます。

お花見:桜の下は勿論周囲には芝生があり、
レジャーシートを敷いてお花見を楽しめる
だけのスペースはあります。

お休みの日になると朝早くから場所取り
される方もいるくらいです。
トイレ:宮川堤公園にあります。

おススメ:毎年4月1日から10日程度で桜祭り
が行われます。

会場は隣接している宮川提公園です。
数多くの屋台が立ち並び夜遅くまで楽しめ
ます。

ライトアップ:外灯が並んでおり屋桜見物も
できます。

桜の季節限定であり18時~22時に明かりが
灯ります。

スポンサードリンク

白子子安観音寺の不断桜

こちら鈴鹿市寺家にある桜なのですが
日本全国を見渡してもかなり珍しい桜の名所
になっています。

何珍しいのかと言うと不断桜は四季を問わず、
5弁の白い花をつけるサトザクラで天然記念物
に指定されておりここにしかありません。

さらに言えば1本しかないのです。

数千本の桜が咲き誇っている名所はありますが
、1本だけで名所となるのはひとえに世界に
1本しかない桜だからではないでしょうか。

営業時間:24時間
入場料:無料

アクセス:近鉄鼓ケ浦駅から徒歩約3分
駐車場も250台と1本しかない桜ですがそれだけ
人気のスポットということが窺えます。

お花見:子安観音寺の境内にありますので
参拝客の迷惑になります。

見物するだけにして食べたりするのは控えま
しょう。

オススメ:境内に歴史資料館が併設されていま
す。

寺宝「大マンダラ」「浄土曼荼羅」や
ここでしか見られない人間国宝など歴史を
感じさせられる品を見ることが出来ます。

9:00~17:00 事前予約必要
トイレ:なし。隣接する資料館にはあります。
ライトアップ:ありません。

名張中央公園

3月下旬から2週間から3週間に約800本の
ソメイヨシノが咲き乱れます。
市内からも近く人気のスポットです。

営業時間:24時間
入場料:無料

アクセス:バス停:夏見下車、徒歩5分
駐車場も完備500台

お花見:レジャーシートを敷いても構いませ
んが、桜が咲いている間は基本的に桜祭り
期間中でありかなりの混雑が予想されます。

そこまでのスペース無く、屋台で買ったもの
を食べながらお花見をするのがベストと思い
ます。

トイレ:あり
おススメ:体育館やスポーツ施設があるほか、
子供の森があり展望台から公園を一望できま
す。

また3月下旬から3週間ほどに
渡り名張桜まつりが開催されます。

市民参加型のイベント【ダンスやバンド】
・模擬店・フリーマーケットの他、期間中は
一部区間のみ歩行者天国となり車を気にせず
に桜を眺めることが出来ます。

ライトアップ:桜まつり期間中は600mに渡り
提灯に明かりが灯りますし他の日でも外灯は
あるので明るく奇麗な桜を見られます。

こんな記事も読まれています



シェアする