潮干狩りの貝毒とは?知らないと危険!対処方法を伝授

潮干狩り

いよいよ潮干狩りの季節に突入しましたが、
貝毒に気を付けなければいけません。

しかし貝毒の対処方法や、貝毒という言葉
さえ知らない人もいます。

潮干狩りの場所によっては貝毒が猛威を
振るっていて、最悪の場合、貝毒で死に
至る事があります。

そこで貝毒とは何なのか、そして貝毒の
被害に遭わない対処方法を学んでいきま
しょう。

スポンサードリンク

貝毒とは何?

貝毒とは、毒性を含んでいるプランクトン
を貝が餌として食べた事とによって、貝が
毒をおびてしまう事を言います。

原因は貝の餌にあったんですね。

意外にも毒性を含んだプランクトンは海の
中にはたくさんいます。

貝は毒を含んだ餌を食べても死ぬことが
ないのが非常に厄介です。

中には死ぬ貝もいますが、なかなか貝は
しぶといです。

そして貝毒は過熱加工しても死にません。

その為、火を通せば安心と言うわけででは
ないので注意が必要です。

何しろ加熱しても毒が死滅しないのは怖い
ですね。

ほかの菌は熱で死滅するものが多いですが、
貝毒はそうはいきません。

簡単に死滅しないどころか過熱を何時間
しても死滅をすることはありません。

これが貝毒の1番怖い所です。

過熱をしても死滅をしないので、対応策が
現状ではありません。完全に運次第です。

貝によって貝毒の季節が違いますが、
基本的に潮干狩りで取った貝は毒をもって
いる可能性があると思っておいた方がいい
でしょう。

毒を含んでしまった貝も海の中で毒を
排せつし、無毒化になる事もあります。

しかし、潮干狩りをする方はここまで深く
考えない人も多いようです。

貝毒の症状が怖い

貝毒には
「麻痺性貝毒」、「下痢性貝毒」、
「下痢性貝毒」、「記憶喪失性貝毒」、
「アサリ毒」の種類があります。

この中で1番怖いのが「麻痺性貝毒」です。

1番貝毒の中で症状が重いもので、最悪の
場合死に至ります。

残念ながら日本国内で多い貝毒は、
「麻痺性貝毒」と「下痢性貝毒」の2つ
です。

1番怖い「麻痺性貝毒」が2大貝毒の内の
1つなのは困ったものです。

症状は痺れが口から始まります。唇が痺れ
て来て、舌も痺れ顔面に痺れが始まります。

重篤の症状になると、呼吸麻痺や言語障害
に陥り最悪死に至ります。

ムラサキガイ、アカザラガイ、アサリ、
二枚貝のホタテ、赤貝、牡蠣などでこの
「麻痺性貝毒」を発症することがあるので
要注意です。

しかし、どの貝が貝毒に侵されているかは
普通の人が判別することは不可能です。

一方、「下痢性貝毒」の症状は 嘔吐・
吐き気・下痢・腹痛の消化器疾患が主な
症状です。

貝を食べてから30分から4時間で症状が現れ
ます。

特効薬はなく、対処療法しかありません。

「麻痺性貝毒」に比べると、症状は重篤に
ならないのがせめてもの救いですが、
食あたりに変わりはありません。

かなり強烈な腹痛などが襲ってくるので
たまったものではありません。

スポンサードリンク

貝毒の被害にあわないために

貝毒被害を防ぐために各都道府県が定期的
に検査をしています。

貝毒検査の方法は
プランクトンの検査→貝毒の検査⇒基準値
を超えたら出荷制限になります。

要するにこの時点で貝が流通しなくなり、
そしてマスコミが潮干狩りに対して
注意喚起をします。

潮干狩りに行く人は暫く安瀬宣言が
出るまで、そのエリアでの潮干狩りは行え
ません。

貝毒の被害にあわないためには、潮干狩り
に行く場所の情報をネットやテレビで把握
する必要があります。

心配な方は無料や穴場はさけ、入場料が
出る「潮干狩り場」に行くとよいでしょう。

ここなら管理者が貝毒の情報を把握して
ますので、被害にあう可能性が限りなく
低くなります。

貝毒のまとめ

貝毒の怖さは、特効薬がない事です。

一応貝毒検査を各都道府県や漁業組合で
行っているので、そのエリアで貝毒が出回
っていたら、直ぐに出荷停止になります。

一応安全対策は引かれていて、少しほっと
しましたね。

スポンサードリンク

こんな記事も読まれています



シェアする