潮干狩りを愛知県でするならここ!スポットや潮見表を把握しよう

潮干狩り

潮干狩りにいったことない人も多いと
思いますが、意外と楽しいものですよ。

愛知県は潮干狩りの宝庫と言っても良いくら
い、潮干狩りスポットが多くあります。

そんな愛知県はあさりの産地としても有名で
す。

そこで潮干狩りを愛知県でするならここだと
言うおススメなスポットや、潮干狩りに必須
な潮見表についてご紹介していきます。

もちろん、穴場もありますから見逃さないで
下さいね。

スポンサードリンク

潮干狩りに潮見表は必須

理由
潮干狩りは貝のみがふっくらしていて、貝毒
のすくないとされる4月から5月がベスト
シーズンとされているんです。

4月から5月以外は潮干狩りが出来ないのかと
思う人もいるかも知れませんが、1年間を
通して潮干狩りは出来ます。

一般的に潮干狩りのシーズンは3月から7月と
されていますが、それ以外のシーズンでも
潮干狩りをする事が出来るということです。

ここで重要になってくるのが潮見表なんです。

4月から5月のベストシーズンでも潮干狩りが
出来ない日もあり、潮見表の存在は欠かせま
せん。

潮干狩りには条件と言うものがあります。
大潮の頃は波の押し引きが大きいですから、
波が引いている干潮の頃は絶好のねらい目
です。

潮が引いている時間が長いですからね。

「潮見表 2018 都道府県名」で検索して、
自分が潮干狩りに行く場所の潮見表を見て、
潮干狩りに適した日を選びましょう。

潮干狩り・愛知無料スポット

愛知県西尾市の矢作川下流は絶好の潮干狩り
のスポットです。

あさり・はまぐり・しじみが取れます。

そんなに混雑していないのもおススメする
ポイントの一つですね。

周辺にトイレがないのがネックですが、
それ以外はケチをつける所がないですね。

駐車場は矢作川大橋の近くにあるので便利
です。

愛知県知多市の新舞子もねらい目です。

トイレと駐車場が気になるところですが、
新舞子マリンパークの駐車場とトイレが
使えるので安心です。

潮干狩りが出来る場所なんですが、マリン
パークの対岸なので直ぐに分かると思いま
すよ。

潮干狩りに訪れているたくさんの人が
いますから、直ぐにわかります。

混雑は避けられないので、時間に余裕を持っ
て行動した方がいいでしょう。

人気の潮干狩りスポットです。

マリンパークパークが近いので、潮干狩りに
飽きたらマリンパークで遊ぶのも一つの手で
す。

その他の無料スポットなら、愛知県半田市の
亀崎海浜緑地や愛知県豊橋市の豊川河口も
おススメです。

スポンサードリンク

愛知県内の有料スポット

愛知県西尾市の東幡豆(はず)海岸・前島が
オススメです。

貝はアサリ、ハマグリ、バカ貝、マテ貝など
が取れるのでかなり楽しめます。

貝の種類が豊富なのはいいですよね。

気になる料金ですが、
大人1600円・子供800円です。

大人は4キロまで。子供は2キロまでです。

1キロ超過するごとに、600円加算となります。

バーベキューが近くで楽しめるのも良いです
ね。

愛知県西尾市の西幡豆鳥羽海岸もおススメ
です。

取れる貝の種類は、アサリ、ハマグリ、
バカ貝、マテ貝、シオフキ貝と豊富な種類の
貝が取れます。

料金は小学生以上1000円です。
1袋まで1000円で、1キロ増す度に
プラス1000円です。

愛知県蒲郡市の蒲郡(がまごおり)竹島海岸
もオススメのスポットです。

ここは4月は大潮の関係で潮干狩りは
出来ません。
5月も未定です。

このあたりはよく確認してから行ったほうが
いいでしょう。

料金は1300円です。
トイレ・駐車場もあります。

まとめ

折角、潮干狩りに行ったのならたくさん取っ
てきたいですよね。

近年は不漁気味なので余り取れない潮干狩り
場もあります。

事前によく確認して出かけるのが良いと思い
ます。

スポンサードリンク

こんな記事も読まれています



シェアする