ハロウィンのイベントはポケモンGOでも開催!

ポケモンGO内のハロウィンイベント

ハロウィンの季節になると仮装やイベントなどで盛り上がりますが、ゲームでも楽しめます。

最近はスマートフォンアプリに人気がありますが、その中でも話題になっているゲームが「ポケモンGO」です。

ハロウィンは一人でもポケモンGO内のハロウィンイベントで楽しめます。

スポンサードリンク

ポケモンGO内のハロウィンイベント

ポケモンGO内のハロウィンイベント

ポケモンGOと言えば2016年に話題になったゲームですが、ハロウィンの季節にイベントが開催されたことでも話題になりました。

このハロウィンイベントですが、2016年の10月26日、AM8:30よりスタートしました。

ここでは一部しか出現しないポケモンの出現率がアップしたり、ポケモンのアメ入手量が2倍になったりなど、普段見れないことがたくさん起こりました。

お得な内容が多いので、キャラクターをしっかり育成したい人にオススメです。

イベント概要は次の通りです。

「捕まえた際のアメ入手量が6個になる」、「博士に送信すると入手できる数が2個になる」、「タマゴ孵化時が2倍になる」、「相棒のポケモン距離が1/4に短縮される」、「不気味なキャラクターとの遭遇率が高まる」などです。

しかし、キャラクターが進化した時にもらえるアメ数は1個までですので、プレイする時は注意してください。

スポンサードリンク

具体的なイベントの内容

イベントの内容

イベントの具体的な内容を見てみます。まず、捕まえた際のアメ6個です。

ポケモンを捉えた際のアメ数は通常3個ですが、これが6個になります。

次は、博士に送った時のアメ数2個です。

博士にポケモンを送った際にゲットできるアメ数は通常1個ですが、イベントの期間中は2個になります。

少し分かりづらいかもしれませんが、知らない間にアメが2個増えているのが確認できると思います。

そして、タマゴ孵化時のアメ入手量2倍です。

こちらは、タマゴが10km孵化すれば、最大で64個のアメをゲットできます。

ハロウィンの期間中にラプラスやカビゴンがタマゴから誕生すれば、チャンスがあります。

タマゴからもらえるアメ数は2kmタマゴが10~24個、5kmタマゴが10~46個、10kmタマゴが32~64個です。

次に相棒ポケモンがアメを拾ってくる距離ですが、ピカチュウは0.25km、ミニリュウやラプラスは1.25kmになるとアメを1つ拾ってきてくます。

このように、様々なイベントが開催されています。

海外ポケモンGOハロウィン動画

海外ポケモンGO公式チャンネルでは、ハロウィンのイベント用の動画が公開されました。

ハロウィンのイベント期間中に出現しやすいポケモンも紹介されています。

こちら↓

ハロウィンイベント期間中にやること

ゲンガーとスリーパーを強化する

ゲンガー

スリーパー

年に一度のポケモンGO内のハロウィンイベント!

友達と遊んでいる場合ではありませんww強力な戦力となるのがゲンガーとスリーパーです。

ハロウィンイベント中に大量発生している今がねらい目。

個体値とわざの厳選で強力なゲンガーとスリーパーを作ろう。

メダルをゴールドにする

ポケモンGOゴールド

このイベント期間中に出現率が上がるのがゴーストタイプポケモンだが、たくさんgetしてオカルトマニアのメダルをゴールドの変えておきましょう。

ポケモンGOの人気は続く

ハロウィンでは様々にイベントが開催されていますが、ゲームの世界でも盛り上がっています。

特にポケモンGOは2016年盛り上がりました。

2017年もイベントが開催される可能性がありますので、チェックしておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

こんな記事も読まれています



シェアする