クリスマスの意味は?由来や起源を知ると間違いな事だらけ!

クリスマス

今年もまたクリスマスがやってきますね。

しかしクリスマスの意味を聞かれたらちゃんと答えらますか?

今さら聞けないクリスマスの意味、さらには由来や起源などのクリスマスにまつわる様々な疑問を紐解いていきます。

これでクリスマスの事を子供から聞かれても、わかりやすく教える事が出来ますね。

スポンサードリンク

クリスマスの意味は?

クリスマス(Christmas)を分解するとChrist(キリスト):mas(ミサ)になります。

mas(ミサ)とはカトリックで行なわれる礼拝の儀式のことで、Christmasを直訳すると「キリストを礼拝する日」になります。

クリスマスの正式な意味はイエス・キリストの降誕(こうたん)・誕生を祝うお祭りの事です。

クリスマスは毎年12月25日と定められています。

クリスマスの由来や起源

クリスマスの由来や起源

クリスマスの由来や起源をたどると、私たちの認識がかなり間違っている事がわかってきます。

クリスマスはキリストの誕生日とされていますが、実はイエス・キリストの誕生日は聖書にも書かれてなく、わかっていません。

それなのにイエス・キリストの誕生日が毎年12月25日と定められているのは、キリスト教で最も重要な祭とされている復活祭に関係しています。

復活祭とは十字架にかけられて死んだイエス・キリストが、三日後に復活したという伝説をお祝いするお祭りの事です。

しかし復活祭はその年によって日付が変わるので、クリスマスが定められました。

古代から行われていた「冬至の祭り」では冬至を境に日が長くなるので、「太陽の復活」として祝われました。

「太陽の復活」イコール「イエス・キリストの復活」とされ、クリスマスの由来や起源をたどると、「冬至の祭り(太陽の復活祭)」がクリスマスの原点だった事がわかります。

クリスマスイブの本当の意味

クリスマス・イヴのイヴとは、「Eve」夜、晩という意味です。

ですからクリスマス・イヴとはクリスマスの前夜、すなわち12月24日の夜という意味です。

しかしクリスマスイブには本当の意味がありました。

それはキリスト教では日没を日付の変わり目としている事が関係しています。

つまり、12月24日の日没から12月25日の日没までが本当のクリスマスとなります。

ですから、12月25日の夜はもうクリスマスではないんです。

これでクリスマスイブ(12月24日)の夜にパーティーをやる意味がわかりますね。

イエス・キリストはこんな人

イエス・キリストはこんな人

「イエス・キリスト」とは「イエス(人名)・キリスト(救世主)」という意味です。

聖書ではイエス・キリストは「神の子」「神の使い」とされています。

イエス・キリストはユダの裏切りによって十字架に掛けられて処刑されてしまいますが、そのユダの裏切りも「最後の晩餐」で予言していました。

イエス・キリストはすべての人々の罪(十字架)を自らが背負うと言われています。

メリー・クリスマスの意味

メリー・クリスマスのメリー(Merry)とは、楽しい・陽気な・良い・素敵な・という意味です。

ですからメリー・クリスマスとは「素敵なクリスマスを」という意味が一番しっくりきます。

「X’mas」と書くのはなぜ?

X'mas

クリスマスの時期にはX’masという表記をよく見かけますが、どうしてこのような文字になるのでしょうか。

それはChrist(キリスト)はギリシア語の「クリストス」に由来する言葉で、そのクリストスのギリシア語での表記は「ΧΡΙΣΤΟΣ」。

頭文字をとって「Χ」でキリストを表しています。

さらにキリストの象徴が「十字架」である事も関係しています。

そして「X’mas」の表記は日本人特有の間違いでもあるとされていて、正しくは「Xmas」と表記します。

実際には「Xmas」の表記には否定的な見方が多いのですが、「Christmas」より字数が少ないので、広告に適している為に広まったとされています。

クリスマスツリーやリースの意味

クリスマスツリーやリースは単なる飾りつけのように思われますが、このツリーやリースにも大きな意味があります。

まずクリスマスツリーは本来は「もみの木」とされています。

もみの木のような常緑樹は1年を通して葉をつけている事から、「生命のシンボル」とされています。

さらに「もみの木」は枝がキリストの十字架のように広がっていて、「聖なる緑の木」とされ、クリスマスツリーの原点になります。

次にクリスマスリースのリースは円形で、その形状から「永遠、尽きることのない」という意味があり、「神の愛」に由来します。

この事から、クリスマスリースには幸せを呼び込む魔除けの意味があります。

クリスマスツリーやリースにもこんな深い意味があったんですね。

クリスマスにチキンやケーキを食べる理由

クリスマスにチキンやケーキを食べる理由

日本でクリスマスパーティーと言えばチキンやケーキが並ぶのが普通ですが、これはどうやら日本人は踊らされているようです。

それは「チキンはケンタッキー」ケーキは「不二家」が仕掛けた策略だったんです。

元々欧米ではクリスマスにはガチョウを食べていました。

当時のヨーロッパからの移住者は、インディアンから食料の援助をしてもらい、七面鳥など食べさせてもらって生きる事が出来たと言います。

そこでお祝い事の日には七面鳥を食べるようになり、現在欧米ではクリスマスには七面鳥を食べます。

しかし日本では七面鳥の入手が難しく、一般的ではありません。

そこでケンタッキーがクリスマスには「チキン」を定着させました。

さらに欧米のクリスマスのスイーツはケーキではなく「パイ」です。

まだ日本にクリスマスが定着していない時期に先読みして、不二家がクリスマスには「ケーキ」を見事広めました。

クリスマスカラーが緑と赤の理由

クリスマスの色と言えば緑と赤ですが、これにもちゃんとした意味があります。

まず「赤」はイエスキリストが罪をかぶって流した血の色とされています。

次に「緑」はクリスマスツリーの章でお伝えした生命のシンボルの常緑樹の色です。

この意味を知ると、またクリスマスカラーも違って見えてくるので不思議ですね。

スポンサードリンク

日本にクリスマスが普及した経緯

日本にクリスマスがやってきたのは1552年という戦国時代にまでさかのぼります。

周防の国(現在の山口県)にやってきた宣教師フランシスコ・ザビエルが広めました。

しかし江戸幕府がキリスト教を禁止したため、クリスマスは一度は日本から姿を消します。

再び日本にクリスマスが出てきたのは明治時代の頃です。

昭和3年にはクリスマスが日本の年中行事に定着したとされています。

サンタクロースとクリスマスの関係

サンタクロース

クリスマスがキリストの誕生日だとわかると、サンタクロースって誰やねんって疑問が出てきますね。

本来はサンタクロースとクリスマスは関係ありません。

ではなぜサンタクロースとクリスマスが現在ではつながっているのでしょうか?

サンタクロースのモデルは司教というキリスト教の地方教会の偉い人が、「貧しい家の娘を助けるため煙突から金貨を投げ、それが靴下に入った」という言い伝えがあります。

それが「煙突から入りプレゼントを贈る人」サンタクロースという仮の人物像が出来上がりました。

イエス・キリストは苦しい人(貧しい人)を救うという考えから、サンタクロースはクリスマスにプレゼントを贈る人だとアメリカ全土に広がっていきました。

ちなみにサンタクロースと言えば「赤と白」の衣装ですが、これは「コカ・コーラ」の広告に登場したサンタクロースの衣装からきています。

本来は人目を避けたいサンタクロースであれば目立たない衣装のはずですが、「コカ・コーラ」の自社カラーの赤と白を見事サンタクロースに重ね合わせました。

クリスマスにプレゼントを渡す理由

クリスマスプレゼントの発祥は、親しい人同士でろうそくや小さな人形を交換したのが始まりです。

キリスト教では人に優しくしたり親切にすることは、キリストを思う事と同じとされています。

クリスマスにプレゼントを渡す理由は「お互いを思いやる心を育てる」という意味があったんですね。

子供に分かり易く説明するには

子供

子供に「クリスマスってどうしてお祝いするの?」って聞かれたら困ってしまいますね。

なぜなら実際にはキリストの誕生日はわかっていないからです。

となるとクリスマスを子どもに分かり易く説明するには「キリストっていう名前の外国の神様が、私たちの世界にきてくださった日をお祝いする日なんだよ」と説明するのがわかりやすいでしょう。

欧米と日本のクリスマスの違い

クリスマスの過ごし方にも欧米と日本では大きな違いがあります。

日本でクリスマスと言えば恋人と過ごすというのが一般的ですが、欧米ではクリスマスと言えば家族と過ごすのが普通です。

当然欧米ではクリスマス当日には閉まっているお店がほとんどで、日本では稼ぎ時としてお店同士争っているのと比べると真逆ですね。

また海外ではクリスマスツリーを11月中旬から1月中まで飾っています。

1月中までクリスマスツリーを飾っていたら日本では浮いてしまいますね。

素敵なクリスマスを!

何気なく過ごしていたクリスマスにはこんなにも深い意味があったんですね。

イエス・キリストへの感謝を忘れずに、今年も素敵なクリスマスをお過ごしください^^

スポンサードリンク

こんな記事も読まれています



シェアする