祇園祭の山鉾にはご利益がある!ちまきのお守りもゲットだぜ

祇園祭

夏の楽しみなイベントと言えば、祭ですよね!夏の始まりを感じさせる夏祭りは、小さな子供から大人までみんなをわくわくさせます。

夏になると日本各地で様々な祭が開催されますが、この夏は京都の祇園祭へ訪れてみては

いかがでしょうか?

京都の祇園祭は、日本三大祭と言われるほど大規模な祭で、期間中は全国からたくさんの人が京都へ押し寄せます。

そんな祇園祭の目玉と言えば、大迫力の山鉾巡行です。

山鉾とは祭礼の際に使われる山車のことです。

この祇園祭の山鉾ですが、実はとてもご利益があるのです。

ぜひ、事前に山鉾の知識をつけてから祇園祭に参加してくださいね!

スポンサードリンク

京都の祇園祭とは?

まずは簡単に京都祇園祭の基本情報をお伝えします。

祇園祭とは京都の八坂神社で開かれる祭で、7月1日から7月31日までの1ヶ月間開催され
ます。

祇園祭は日本三大祭の1つと言われるほど有名で、毎年全国から大勢の観光客が訪れます。

また、祇園祭の目玉である山鉾巡行はユネスコの無形文化遺産に登録されています。

祇園祭の日程

・7月1日から7月31日の1ヶ月間

前祭の宵山(よいやま)は7月14日から
7月16日までの3日間、翌日の7月17日に
山鉾巡行が行われる。

後際の宵山は7月21日から23日の3日間で、
翌日7月24日に山鉾巡行が行われる。

この宵山の期間中には、多くの屋台が出て
町中が祭ムードで賑わっています。

夏祭りでは、間近で山鉾を見たり実際に山鉾
に上ることもできますよ!

祇園祭のメインイベント山鉾巡行とは?

山鉾

この祇園祭メインイベントである山鉾巡行とは、一体どんなイベントなのでしょうか?

山鉾巡行とは、山鉾と言われる山車が2時間かけて京都の町を巡回することを言います。

スタート地点の四条烏丸を出発し、町内をまわり帰ってきます。

約12トンもの山鉾を担ぎ力強く巡行する様は非常に迫力があり、これを目当てに祇園祭に
参加する観光客は大勢います。

また、巡行の途中で鉾が方向転換する場所があり、そこでは大きな山鉾がグルーっと回る様子を見ることができます。

これを「辻回し」と呼び、とても見応えがあります。

この辻回しを見ることができるポイントは、四条河原町、河原町御池、新町御池の3つだそうです。

これらの場所には、辻回しを見るためにたくさんの人が集まっています。

人混みに飛び込むのは覚悟がいるかもしれませんが、せっかくの機会なのでぜひ祇園祭で

辻回しを見てほしいです!

スポンサードリンク

山鉾にはご利益がある!前夜山鉾と後夜山鉾

祇園祭で大活躍の山鉾ですが、この山鉾たちにはご利益があるのです。

具体的にどういった鉾があり、どのようなご利益があるのか今からご紹介します!

前祭山鉾

前祭の山鉾は全部で23個あります。

特にその中でも人気なのが、山鉾の先頭を走る長刀鉾(なぎなたほこ)です。

長刀鉾は、厄除けや疾病除けのご利益があります。

夏の日差しに照らされるこの山鉾は、山鉾巡行の先頭を光り輝きながら進んでいきます。

また、睡蓮をぶら下げた菊水鉾(きくすいほこ)も有名です。

この鉾は不老長寿や商売繁盛のご利益をもたらすと言われています。

縁結びで有名な綾傘鉾(あやがさほこ)なんかも女性に人気です。

この綾傘鉾は笛を吹きながら巡行するため、美しい音色を楽しむことができます。

その他にも、金運、安産、開運、夫婦円満、学問成就など前祭の山鉾は様々なご利益をもたらしてくれます。

どの山鉾がどういったご利益をもたらしてくれるのか、事前に調べておくと当日楽しめそうですね!

後祭山鉾

後祭山鉾は全部で10個あります。

後祭の山鉾の中で最も有名なのは、浄妙山でしょう。

この浄妙山という名前は、平家物語からきています。

平家物語の宇治川の合戦にて、一来法師が浄妙法師の頭上を飛び越えて先陣を取ったことが

由来となっています。

そんな浄妙山のご利益は、勝ち運です。

山鉾のもつご利益にも、ストーリー性があって面白いですね!

その他にも、立身出世をもたらす鯉山や、安産の大船鉾などを後祭では見ることができます。

後祭の山鉾は前祭より数が少ないですが、見どころもしっかりありますのでぜひ見に行って

ください!

どんな山鉾が巡回するのか気になる方は、
こちらをどうぞ!
https://www.kyokanko.or.jp/gion/ichiran.html

粽(ちまき)にもご利益がある!

粽 祇園祭

みなさん、「ちまき」と聞くと食べ物のちまきを思い出しますよね?

祇園祭では食べ物ではなく笹の葉で作られたお守りが販売されていて、それを粽(ちまき)と呼びます。

この粽は各山鉾の会所で販売されているのですが、1つ1つデザインが違っていて個性的です。

可愛らしいデザインの粽もあれば、桜や梅といった日本を表すデザインの粽もあります。

山鉾と同じで、それぞれの粽が何らかのご利益をもたらす効果を持っています。

この粽を買うために、様々山鉾を巡ってみても良いかもしれませんね!

粽のご利益が気になる方は、こちらが参考になります。
http://www.kyotodeasobo.com/gion/chimaki/

祇園祭山鉾のご利益をゲットだぜ!

色鮮やかな山鉾たちが、京都の町を巡回する山鉾巡行。

この日本を代表するイベントは、1度見てみる価値があります。

夏の日差しの中、力強く進む山鉾はきっと目に焼き付いて忘れられないでしょう。

人混みが苦手でない方は、せっかくの機会なので辻回しも見ることができると良いですね。

この時期の京都は非常に暑いため、熱中症には気をつけましょう。

山鉾巡行を見るとなると、長い時間外に出ることになりますのでしっかり対策してくださいね。

ぜひこの夏は京都の祇園祭で、山鉾からご利益をもらって楽しい1年にしましょう!

祇園祭の情報はこちらのサイトから見ること
ができます!

京都市観光協会:
https://www.kyokanko.or.jp/gion/index.html

スポンサードリンク

こんな記事も読まれています



シェアする