花火大会は東京で決まり!人気スポット7選と日程やアクセス方法

花火大会

夏になるとお祭りやキャンプ、海水浴や
プールなど楽しいイベントがたくさん
ありますよね!

その中でも夜空に打ち上げられる無数の花火
は、夏の風物詩として多くの人を楽しませて
くれます。

花火大会と言えば公園など敷地の広い場所で
開催されるイメージがありますが、都心でも
綺麗な打ち上げ花火を見ることはできます。

今回は、東京で開催されるおすすめの
花火大会を7箇所紹介したいと思います!

スポンサードリンク

隅田川花火大会

隅田川花火大会

隅田川河川敷で開催されるこの花火大会には
例年多くの観光客が訪れます。

ライトアップされたスカイツリーの横に輝く
大きな打ち上げ花火は、まさに東京の夏を
感じさせてくれます!

第一会場と第二会場合わせて2万発以上の
大量の花火が打ち上げられ大規模な花火大会
です。

開催日時:
平成30年7月28日(土)
19時から20時半までの1時間半程度を予定
※雨天の場合は翌日の29日(日)に順延。
両日開催不可の場合は中止

花火大会会場:
第一会場 桜橋下流から言問橋上流にかけて
第二会場 駒形橋下流から厩橋上流にかけて

アクセス:
第一会場 浅草駅から徒歩15分程度
第二会場 浅草駅、または蔵前駅から
徒歩5分程度

隅田川花火大会ホームページ:
https://www.sumidagawa-hanabi.com
/index.html

足立区花火大会

足立区花火大会

東京都内で最も早く開催されると言われるの
が足立区の花火大会です。

「ナイアガラ」と「スターマイン」の2つが
この花火大会の目玉です。

関東の花火大会ランキング2位の
足立区花火大会は、土手に座りながら
ゆったりと花火を眺めることができるので、
ぜひシートを用意して参加して下さいね!

開催日時:
平成30年7月21日(土)
19時半から20時半までの1時間程度を予定

花火大会会場:荒川河川敷で観覧可能。
打ち上げ場所は千住側

アクセス:北千住駅、小菅駅、
五反野駅から徒歩15分程度

足立区花火大会ホームページ:
http://adachikanko.net/event/

葛西納涼花火大会

葛西納涼花火大会

観客席から打ち上げ場所が近いのが魅力の
葛西納涼花火大会。

間近で見る花火は臨場感たっぷりです!

独創的な花火がたくさん上がるのがこの
花火大会の特徴で、フィナーレには頭上に
無数の花火が上がり迫力満点です。

有料観覧席もありますので、落ち着いて花火
を見たい人はご利用ください。

開催日時:
平成30年7月24日(火)
19時20分から20時20分までの1時間程度を
予定
※雨天の場合は翌日の25日(水)に順延。
両日開催不可の場合は中止

花火大会会場:葛飾区柴又野球場
(江戸川河川敷)

アクセス:
京成電鉄柴又駅から徒歩10分程度
北総鉄道新柴又駅から徒歩15分程度
JR金町駅または京成電鉄金町駅から
徒歩20分程度

葛西納涼花火大会ホームページ
http://www.city.katsushika.lg.jp/
tourism/1000065/1017596.html

スポンサードリンク

立川まつり 国営昭和記念公園花火大会

立川まつり 国営昭和記念公園花火大会

国営昭和記念公園花火大会は2018年で
59回目を迎える歴史ある花火大会です。

国営昭和記念公園の一部である
「みんなの原っぱ」で開催される花火大会は、
毎年70万以上を動員するほどの大規模な
花火大会です!

打ち上げられる花火のクオリティも非常に
高いのが見どころです。

開催日時:平成30年7月28日(土)
19時20分から20時20分までの1時間程度を
予定
※雨天の場合は翌日の29日(日)に順延。
両日開催不可の場合は中止

花火大会会場:国営昭和記念公園
みんなの原っぱ

アクセス:立川駅から徒歩15分程度

いたばし花火大会

いたばし花火大会

板橋区で開催されるいたばし花火大会は年々
規模が大きくなり、人気が高まりつつある
花火大会です。

お隣で開催される戸田橋花火大会と共同で
実施され、川を挟んだ両側から花火を楽しむ
ことが出来ます!

いたばし花火大会の見どころは500メートル
に及ぶ「ナイアガラ」で、毎年多くの観客が
このナイアガラに心を動かされるのです。

開催日時:平成30年8月4日(土)
19時から20時30分までの1時間半程度を予定
※このスケジュールは見込みであり、
未だ確定しておりません

花火大会会場:荒川戸田橋上流、
板橋川河川敷

アクセス:
JR浮間舟渡駅から徒歩20分程度
都営三田線高島平駅、西台駅、蓮根駅から
徒歩20分程度

江東花火大会

江東花火大会

観客席から近い距離で花火を観覧することが
できる江東花火大会。

頭上に上がるスターマインや4号玉は迫力が
あって見応え抜群です。

シートに座ってゆっくりと花火を見ることが
出来ますので、小さなお子様連れの方も
落ち着いて花火を見ることが出来るのが
嬉しいですね!

開催日時:平成30年8月4日(土)
19時から20時30分までの1時間半程度を予定
※このスケジュールは見込みであり、
未だ確定しておりません

花火大会会場:荒川・砂町水辺公園

アクセス:南海砂町から徒歩15分程度

江東花火大会ホームページ
http://www.city.koto.lg.jp/101032/
kurashi/komyunitei/hanabi/67.html

江戸川区花火大会

江戸川区花火大会

江戸川区花火大会は、演目が8つに分かれて
いてそれぞれ異なったテーマや趣の花火を
楽しむことが出来ます。

2018年の花火の見どころは「桜花爛漫」
という桜吹雪が富士山を覆う様をイメージ
した花火です。

日本の夏を感じさせる打ち上げ花火を目当て
に、江戸川区花火大会へぜひ訪れて下さいね!

開催日時:平成30年8月4日(土)
19時15分から20時30分までの1時間15分程度を
予定
※雨天の場合は翌日の5日(日)に順延。
両日開催不可の場合は中止

花火大会会場:江戸川河川敷(都立篠崎公園先)

アクセス:JR小岩駅、または京成江戸川駅から
徒歩25分程度

江東花火大会ホームページ:
https://www.city.edogawa.tokyo.jp/hanabi/
index.html

花火大会は東京で見よう

東京のビル群の中に輝く美しい花火は、
なんだか非日常的な感じがしていつもの
東京都は違った雰囲気を感じることが
出来ます。

東京都内でも大規模で見応えがある花火大会
は多数開催されるので、ぜひ参加してみて
下さいね!

ビルや屋内から見る花火も素敵ですが、早め
にお仕事を切り上げて花火大会に参加して
みてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

こんな記事も読まれています



シェアする