猫と赤ちゃんが同居する際の注意点!猫が人間の赤ちゃんを襲う動画あり

猫,赤ちゃん,同居

猫と人間の赤ちゃんが同居する際、トラブルなどを防ぐためにも、いくつか注意する点があります。

アレルギー、感染症など、ある程度は予想できるものもありますが、猫が人間の赤ちゃんを襲うというのはあまり知られていません。

そのまま放置しておくと赤ちゃんに危険が及んでしまう可能性があります。

ここでは、猫と赤ちゃんが同居する際の注意点を紹介していきます。

スポンサードリンク

回覧注意!猫が赤ちゃんを襲う動画

平気な人からすると何でもないですが、苦手な人もいるかと思いますので少し気構えてご覧ください。

以下が猫が人間の赤ちゃんを襲う動画です。

猫,赤ちゃん,同居2

この時に親がいなかったらと思うとゾットしますね。

猫はかわいらしい容姿から、狂暴な面を持っているという事をどこかで私たちは忘れてしまっています。

しかも人間の赤ちゃんからしたら、猫なんて自分より少し小さいくらいの生き物です。

例えるなら私たち大人からするとチーターと一緒にいるようなものでしょうか。

少し極端ですが恐ろしいですよね。

ちょっとした出来事から、大人でさえも猫に深く痛手を負わされる事も実際にあります。

ですから、目の届かないところで猫と赤ちゃんを二人っきりにしては絶対にいけません。

この事はしっかりと覚えておきましょう。

猫を新しい環境に慣れさせる

猫と赤ちゃんが同居する際、様々なトラブルを回避するためにも、まずは家の環境に慣れさせることからはじめましょう。

それぞれの家の構造や部屋の大きさなどによっても変わってきますが、いずれにしても猫ちゃんを新しい生活環境に慣らせておくことが大切です。

また、既に猫を飼っている場合は新しい家族が増えることになりますので、トイレを増やしたり場所を変えたり、新たにベビーベッドの場所を設置するなど、猫が新しい環境の変化に慣れるようにしておく必要があります。

その他にもまだ準備することがあるかもしれませんが、考えられることはすべて行っておき、後は新しい猫が来るだけという状況にしておくと良いでしょう。

このように準備しておけば、様々なトラブルは回避できるのではないかと思います。

また新しい猫は、最初は赤ちゃんの泣き声やニオイなどを嫌がるかもしれませんが、その場合はすぐに避難できるように、隠れ家などの場所を設置しておくのもいいかもしれません。

または、かわいらしいおもちゃやタオルなどを置いてあげるのもいいでしょう。

猫と赤ちゃんが同居をはじめる前に、猫が気に入ってくれそうな可愛いらしいおもちゃや、赤ちゃんの泣き声を聞かせて慣れさせておくのも1つの方法と言えます。

猫アレルギーに注意

猫,赤ちゃん,同居3

猫と赤ちゃんが同居をする際は、アレルギーに注意しておく必要があります。

赤ちゃんの中には猫アレルギーを持つ子もいますので、様子を見て対処しましょう。

このネコアレルギーですが、「猫と同居するだけで猫アレルギーにかかってしまうのではないか」と心配する人もいるようです。

猫アレルギーの発生源は、猫の唾液やフケと言われています。

そのため、毛などに触ってしまうとアレルギーになる可能性がありますが、スフィンクスのような毛のない猫でもフケは出ますので注意しておきましょう。

猫アレルギーの方はたくさんいますが、発生源は何も猫だけではありません。

最も多いのはハウスダストですので、部屋の環境にも十分に気をつけてください。

こまめに部屋を掃除するなど、部屋をキレイにすること習慣を身につけておくと良いでしょう。

そのようにすることで、発生源に対抗できるような抵抗力が身についてきます。

なお、小さいときから動物と同居している人は、アレルギーになりにくいとされています。

これは筆者が実際に低学年の時から家が猫を飼っていた事を考えると、信ぴょう性が高い情報と言えます。

スポンサードリンク

感染症にも気をつける

猫と同居する際は、感染症にも気をつけてください。

猫から移る感染症というと「トキソプラズマ感染症があります。

猫と赤ちゃんが同居するとなると、たとえアレルギーはなくても、そのような感染症にかかることも考えられます。

ちなみにトキソプラズマ感染症というのは、猫から人に移る可能性がある病気です。

猫がトキソプラズマに菌を持っており、母体がそれに感染してしまうと、胎盤を通じて胎児にも感染する可能性があります。

この場合、妊娠初期の段階では25%程度、そして妊娠末期の段階では60~70%程度の確率で感染すると言われています。

家に妊娠の可能性のある人がいる場合は婦人科で、そして猫は、近くにある動物病院でトキソプラズマの検査をしておくと安心です。

また、猫が既にキソプラズマ感染症にかかっている場合は、最初にその治療を行う必要があります。

感染症について動物病院での診察で分かりますので、かかっている場合はドクターの指示に従ってください。

トキソプラズマ感染症を防止するためにも、排泄物を早く処理したり、猫と一緒に寝ないようにしたり、食べ物の口移しやネコちゃんの口元を舐めさせないなど、しっかりと対策をしておくと良いでしょう。

万が一猫に触ったときは、すぐに手を洗ったりうがいをしたりなどの処置も必要です。

このように猫と赤ちゃんが同居する際は、感染症にも注意しておきましょう。

赤ちゃんに猫を会わせるとき

猫,赤ちゃん,同居5

猫と赤ちゃんが同居する際、どのタイミングで猫ちゃんに会わせるかも気になるところではないでしょうか。

タイミングはそれぞれですが、大切なのはいきなり赤ちゃんと猫を会わせないことです。

猫と赤ちゃんが同居するときは、赤ちゃんが猫に会う初めての瞬間がとても重要と言われています。

この場合は赤ちゃんのことも考慮し、いきなり会わせるのではなくて遠い場所で会わせる方が良いでしょう。

そのようにしっかり対策することで、苦手意識を改善できます。

まとめ

猫が赤ちゃんを襲う動画にはすこしびっくりしたのではないでしょうか。

それでも、小さい頃から猫などの動物が身近にいると、思いやりのある子に育つ傾向にあります。

猫と赤ちゃんが同居する際にはいくつか注意する点がありますが、対策をしっかり講じて楽しく子育てしていきたいものです。

スポンサードリンク

こんな記事も読まれています



シェアする