猫が熱中症になった時の症状!応急処置をどうするかで後遺症や死亡を防ぐ

猫,熱中症,症状

愛猫
チュウ太くん、猫が熱中症になった時の症状って把握していますか?

チュウ太
う~ん、猫が熱中症になったところを見た事がないので把握していません。

愛猫
まじですか!猫も熱中症になるし、もし熱中症になったらすばやい対応が求められるよ。

チュウ太
そうなんだ、では猫が熱中症になった時の応急処置ってどうしたらよいのですか?

愛猫
応急処置も大切だけど、まずは猫が熱中症になった時の症状から見て行こう。

毎年暑い季節がやってきますが、年々その暑さの度合いが増しているような感じがします。

あまりの暑さのため熱中症にかかる人も増えていますが、それは猫も同じです。

そのため猫が熱中症になった際の症状や、応急処置などをしっかり把握しておくことが大切です。

スポンサードリンク

猫が熱中症になった時の症状

猫,熱中症,症状

暑い季節になると心配になるのが熱中症ですが、毎年たくさんの人がその症状で悩まされています。

ただ熱中症というのは人だけでなく猫もかかりますので、暑い季節が到来したら猫ちゃんの動向にも注意しておきましょう。

熱中症は早急な処置が求められるので、猫が熱中症になった時の症状を飼い主さんは把握しておかなければなりません。

猫は突然体温が上がってしまうと熱中症にかかりやすくなりますので、すぐに判断しやすいと言われています。

猫が熱中症にかかると具体的には次のような症状が起こりますので、さっそく見て行きましょう。

愛猫
温暖化にともない、猫の熱中症も増加傾向にある。

猫が熱中症になった時の症状としては、ふらつくなど歩き方がおかしくなるパンティング(息をハアハアと弾ませる)などが激しくなる、ぐったりして元気がないよだれの量が多くなる心拍数が異常に増えてくるなどです。

以上の症状が見られたら、猫が熱中症にかかっていると見ていいでしょう。

また熱中症の症状が悪化してしまうと、痙攣や嘔吐、吐血や下血、意識不明など重症になってしまうこともありますので熱中症を甘く見てはいけません。

そのような熱中症の症状が出てしまうと、後遺症が残ったり、猫も命の危機にさらされてしまいます。

愛猫
猫が熱中症になると、犬みたいに舌を出してハアハアとする事もある。

熱中症は年齢に関係なくどの猫にも起こりますが、その中でも特に子猫や老猫は注意が必要です。

子猫や老猫は通常より体温調節が上手くできないことが多いので、その分熱中症にかかるリスクが高まります。

そのため飼い主さんは、飼い猫の体調に細心の注意を払いながら観察する必要があります。

子猫や老猫は抵抗力も弱まっていますので、熱中症を発症すると命を落とす危険性が高くなります。

そのため少しでもおかしいと感じたら、早めに動物病院で診察をすることをおすすめします。

愛猫
体力は自分を基準にしてはいけない!

猫が熱中症になったら応急処置はどうするの?

猫,熱中症,症状

猫が熱中症になった場合は、すぐに応急処置を行う必要があります。

その場合の処置の仕方として、様々な方法が考えられます。

具体的には涼しい場所に移動する、水を飲ませる、体に霧吹きなどを使用して水をかける、保冷剤などの冷たいものを首やワキ下に当てる、とにかく静かな場所に寝かせる、呼吸が楽になるように首を動かしてあげるなどの方法が挙げられます。

また体温を測定して39度以下になるように処置することも大切で、それでも症状がおさまらない時は至急動物病院に連絡して、適切な処置をしてもらいましょう。

このように様々な方法が挙げられますが、猫が熱中症になった時に最初に行うのが日陰などの風通しの良い場所に移動することです。

そして移動した後は、新鮮な水を与えるようにしましょう。

霧吹きなどがあれば便利ですが、その場合は体全体にかけてあげなければなりません。

また体温を測定する時は、動物専用の体温計を使用しましょう。

自宅に専用の体温計がない場合は、人用の体温計にラップを巻き、肛門から2センチ程度の部分に挿入して測ると良いでしょう。

チュウ太
熱中症になった時の応急処置は基本的には人間と同じだね!

スポンサードリンク

猫が熱中症の時にアクエリアスを飲ますといいって本当?

猫が熱中症になった際の対処方法にも色々ありますが、アクエリアスを飲ませると良いという話もありますが、真実はどうなのでしょうか?

健康飲料としてアクエリアスやポカリスエットなどがありますが、これらの健康飲料には猫にとって有害な物質は含まれていませんので、基本的に心配する必要はありません。

しかし飲料の中には多くの糖分が含まれていますので、あまり頻繁に与えることはおすすめできません。

熱中症の場合は仕方ないかもしれませんが、だからと言って積極的に与えるのは控えた方がいいでしょう。

アクエリアスは飲む点滴とも言われており、忙しい時の水分補給や疲労回復のための飲み物です。

猫に人間用のアクエリアスを与える時は、あくまでも応急処置の場合のみです。

チュウ太
猫が熱中症になった時はアクエリアスもありなんだw

愛猫
経口補水液があればなおよし!

猫が熱中症にならないための予防や対策

猫,熱中症,症状

猫が熱中症にならないためには、予防や対策を講じる必要があります。

人間も同様ですが、猫は体が小さいので症状も顕著に現れます。

熱中症は暑さが原因ですので、暑い環境の中に長くおかないことが大切です。

野良猫は自分で涼しいところを探すのですが、室内で飼っている猫はこの空間から逃げ場がありません。

そのため、暑い真夏に部屋の窓を閉め切った状態にすると、熱中症にかかるリスクは高まります。

場合によってはエアコンをつけるなどの対策も必要になります。

また移動する時は、キャリアケースにも注意しなければなりません。

特に真夏のキャリーケースは危険を伴いますので、長い時間猫を入れっぱなしにしないように気をつけましょう。

当然、車の中などは危険度Maxです。

チュウ太
室内で飼っている猫の方が熱中症になりやすいんですね。

愛猫
家と外を行き来している猫は自分で涼しいところを探します。

まとめ

人と同じように、猫も熱中症にかかりますので注意する必要があります。

また猫が熱中症になった時の症状や、応急処置の仕方なども押さえておくことが大切です。

症状が悪化した場合には、早めに動物病院に連れて行って診察してもらいましょう。

チュウ太
熱中症は猫にとっても人間にとっても危険な症状ですね。

愛猫
うん、猫は言葉をしゃべれないから飼い主さんの心づかいが必要になります。

チュウ太
それにしても猫にアクエリアスはありだった事にびっくり。

愛猫

あくまでも猫が熱中症になった時の応急処置ですよ。

スポンサードリンク

こんな記事も読まれています



シェアする