猫,泣く,理由

 

チュウ太
猫も悲しいという理由で涙を流して泣く時もあるんですか?

 

愛猫
実際に猫が涙を流す場面は時々見かけますね。

 

人間は悲しい時や嬉しい時、悔しい時など感情が抑えられなくなった時に涙を流します。

 

猫を飼っている人は、「悲しい時に涙を流してくれれば、気持ちが分かるのに」と思ったこともあるのではないでしょうか。

 

 

そこで猫は悲しくなった時に涙を流すのか、涙を流すことがあるとすればそれはどんな時なのか、について詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

猫は悲しい時に涙を流して泣くのか?

猫,泣く,理由

 

涙を流すとひと言で言っても、涙には種類が二つあります。

 

それが刺激性分泌と情動性分泌です。

 

人間はこの二つが原因となって涙を流すことになるのですが、猫についてはどうなのでしょうか?

 

 

サイトやYouTubeなどでは、猫が涙を流している姿が掲載されていることもあるのですが、実際に猫は悲しい時に涙を流して泣くのかが気になるところです。

 

猫の研究をしている科学者の意見では、猫が悲しみを理由に涙を流すことはないと考えられていて、悲しい時に涙を流して泣くのは人間だけだと言われています。

 

 

そのためサイトやYouTubeなどで見ることができる、猫が涙を流して泣く映像などについては、単にタイミングが良かっただけだろう、と考えられているようです。

 

チュウ太
一応は科学者の意見です。

 

猫が涙を流す理由・刺激性分泌

 

猫も涙を流すことは実際にあるのですが、この理由は刺激性分泌による涙だと考えられています。

 

刺激性分泌と言うのは感情で涙を流すというものではなく、空気中の埃や汚れなどが原因となり涙が出てしまう、刺激に対する反応と呼ばれています。

 

 

また目のかゆみやアレルギー、感染症や目の渇きなどが原因で涙を流すこともある、と言われています。

 

刺激性分泌については人間も同様に、外部からの刺激により反射的に流れるものです。

 

 

目にゴミが入った時、ゴミを目の外に出そうという力が自然に働き涙が出るだけで、感情的なもので涙を流しているわけではない、と考えられます。

 

愛猫
猫は自分で対処できないからつらい。

 

猫が涙を流す理由・病気の可能性

猫,泣く,理由

猫が涙を流す理由としては、刺激性分泌の他に病気による可能性も考えられます。

 

 

猫が涙を流してしまう理由には感染症や流涙症、眼瞼内反症や角膜炎、結膜炎やアレルギー、眼瞼炎などが挙げられます。

 

 

また眼球が傷ついたことにより、涙を流すこともあるそうです。

 

仮に猫が頻繁に涙を流すようであれば病気の可能性も高いので、動物病院へ連れて行き、詳しく検査を受けた方がいいと思います。

 

 

愛猫
こりゃあ、たまらん!

 

猫は飼い主が泣くと来るって本当?

 

飼い主が泣いていると猫が寄って来る、という話を聞いたことがある人も少なくはないでしょう。

 

これは本当の話で慰めるために近寄るのではなく、猫が飼い主の異変に気づいて心配をして近寄っていると考えられています。

 

 

また飼い主が涙を流して泣いている場合には、猫が涙に好奇心を抱いていて「何か液体が垂れてるけど何だろう」と見ている時もあるようです。

 

飼い主が流した涙を猫がペロリと舐めることもあるようですが、これは喉が渇いていたり、好奇心から「美味しいのかな」と思って舐めることが多い、とされています。

 

チュウ太
本当のところは猫に聞いてみないとわからない。

 

スポンサードリンク

 

猫には人間の気持ちが分かるの?

猫,泣く,理由

猫は泣いている時に近寄ってきたり、慰めているかのように涙を舐めてくれることもあるのですが、人間が悲しい時や慰めてほしい時などの気持ちは分かるのでしょうか?

 

実際に人間の気持ちが分かる猫はいないようですが、猫は観察力に優れているため、いつもと違った飼い主の様子を見て「どうしたの?」と近寄ってきてくれることもあるそうです。

 

 

猫によっては自由奔放に暮らしていることもあり、飼い主が泣いていても微動だにしない子もいます。

 

泣いているからと言って、必ずしも近寄ってくれるということではないようです。

 

人間の気持ちは分からないとしても、飼い主の様子から不安な気持ちになる猫もいるそうなので、猫にあまり心配させないためにも悲しい顔や涙をできるだけ見せないように心がけましょう。

 

 

仮に涙を流して泣いてしまい猫が近寄ってきた時は、猫を不安な気持ちにさせてしまった可能性が高いので、「もう大丈夫だよ」という気持ちを伝えるためにも、おもちゃで遊ぶなどして感謝を伝えましょう。

 

チュウ太
普段つれない猫が、飼い主がつらい時に寄ってくるという、猫あるある。

 

猫が泣く理由に関するまとめ

 

猫は悲しいという感情から涙を流すことはないようですが、刺激性分泌と言う目にゴミが入った時や、病気にかかった時などに涙を流すことがあると言われています。

 

頻繁に猫が涙を流している時は、空気中に埃が舞っている可能性もあります。

 

 

その時は空気を入れ替えて、涙が引き続き出るかを確認しましょう。

 

空気を入れ替えても涙が出る時には、病気にかかっている可能性もありますので、動物病院などで詳しく検査を受けることをおすすめします。

 

飼い主が泣いていると猫が近寄ってくることはあるようですが、涙に対しての好奇心や不安な気持ちの表れとされています。

 

 

猫は飼い主の細かい感情や言葉を理解することはできませんが、観察力に優れているため、いつもとは違った様子から泣いている時などに近づいてくるケースはある、と言われています。

 

チュウ太
猫の察知能力ってすごい!

 

愛猫
猫が涙を流して泣く理由は、猫の目に異常がある場合が多いので、注意しましょう。

 

スポンサードリンク