猫エイズとは?人への感染もあるの!?

猫,エイズ,感染

猫エイズという言葉を聞いたことはあるでしょうか?

たとえ聞いたことはあっても、人間のエイズと同じなのか疑問に思う人もいるかもしれません。

エイズと聞くだけで、絶望感が出てしまう恐ろしい病気に聞こえてしまいます。

猫エイズがどんな病気なのか、それは人間にも感染するのかも紹介します。

スポンサードリンク

猫エイズとは?

人間のAIDSは、後天性免疫不全症候群から免疫不全を起こした状態のことを言います。

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が免疫細胞に感染すると、本来は身を守るべき免疫細胞を壊してしまい、免疫疾患を起こすのです。

では、猫の場合はどうなのでしょう?

猫エイズとも呼ばれますが、これは猫後天性免疫不全症候群のことを指しています。

ネコ免疫不全ウイルス(FIⅤ)が骨髄などに感染することで細胞を壊し、新たな免疫細胞が作れなくなってしまう病気のことです。

免疫疾患を引き起こし免疫不全を発症させてしまうという点では、人も猫のエイズも同じような症状と言えるでしょう。

猫エイズは人への感染もある?

猫,エイズ,感染

しかしHIVとFIVは、似ているようで全く別の免疫不全ウイルスです。

名前こそエイズという名称が使われていますが、猫エイズは「猫」後天性免疫不全症候群と名前からも解かるように猫特有のものですので、人間や犬など他の種類の動物には感染しません。

つまり猫エイズのウイルスは、人間の体の中で増殖できないのです。

結論として、猫エイズは人への感染はすることがありませんので安心してください。

猫エイズの症状とは?

猫エイズに感染してしまったとしても、すぐに症状が出るわけではありません。

個体差にもよりますが、進行するとしてもいくつかの段階を踏むことになります。

感染初期(1ヶ月 ~1年)

FIV感染から1~2週間で発熱など風邪のような症状が見られます。

無症状キャリア期(2年~長期間の場合も)

一時的に症状が治まったように見える期間ですが、体の中に潜んでいる期間です。

エイズ関連症候群

エイズ発症期になります。

免疫不全を起こすようになり、免疫の低下によって様々な感染症になることもあります。

症状としてはリンパ節の腫れ、慢性の口内炎、皮膚病など重い症状になるとエイズであると判定されます。

猫エイズの感染経路

猫,エイズ,感染

猫エイズが感染する理由として考えられるのは、どのような場合でしょうか?

感染経路としては、大きく2つが挙げられます。

猫エイズに感染している猫に噛まれる

猫同士のケンカにより、噛まれたことが一番の原因と言われています。

噛まれた傷口から、血液や唾液などを通して感染してしまうのです。

猫エイズに感染している母猫からの母子感染

猫が出産する際に、FIVに感染している母猫から生まれた子猫にうつる可能性もあります。

スポンサードリンク

猫エイズの感染力

ネコ免疫不全ウイルスそのものは、空気感染などの心配が無いとても弱いウイルスになります。

ヒト免疫不全ウイルスのように、性交渉で感染することも無いと言われています。

ただ猫のケンカは引っ掻いたり、噛みついたりなどで大きな怪我をすることもあります。

ネコ免疫不全ウイルス自体はとても弱いものですが、十分気を付けなくてはいけないでしょう。

感染力としては非常に弱く空気感染をすることはない、食器を共用する程度では感染しないと考えて良さそうです。

猫エイズの治療法

猫,エイズ,感染

感染初期には、口の中のトラブルや風邪のような症状が現れ、猫エイズと診断されれば抗生物質などで治療できる場合もあります。

続く無症状キャリア期では症状が治まり元気になるため、気付かないことも多いと思います。

無症状のまま、発症せずに終わることもあるでしょう。

検査を受け、診断された場合は抗ウイルス薬などで進行を遅らせる治療が行われます。

最終的に重い症状になった場合は、痛みを和らげてあげるためにステロイド注射を打つことになるようです。

現時点では、猫エイズの特効薬は存在していないと思われます。

できるだけ早めに診断してもらい、症状に合った最善の治療をしてあげましょう。

猫エイズになった猫の寿命

飼い猫の中には20年くらい生きる猫もいますが、元気な猫でも寿命は長くて15年くらいが多いようです。

猫エイズに感染したからと言っても潜伏期間もありますし、いつまでも発症しない猫もいます。

発症しないまま寿命を全うできる猫もいれば、治療の甲斐もなく亡くなってしまう猫もいるでしょう。

無症状キャリア期には長い期間がありますので、一概に猫エイズになったから寿命が短くなるとは言えません。

ストレスを与えず症状を遅らせるなどの治療をしてあげれば、猫エイズによる寿命は考えなくても良いと思います。

まとめ

猫エイズはネコ免疫不全ウイルス(FIⅤ)が引き起こす、猫特有の免疫不全のことです。

猫エイズ自体は人のものとは形が違うため、人間には感染しません。

仮に感染している猫に噛まれたからと言っても、人間が発症することはありません。

もし飼い猫が猫エイズになったとしたら適切な判断をしてあげることと、進行を遅らせてあげることが一番の治療方法と言えます。

獣医と相談をしながら、長生きできるようにケアをすることが飼い主の務めではないでしょうか。

スポンサードリンク

こんな記事も読まれています



シェアする