幸運な猫!オッドアイは黒猫にはいないって本当?

猫,オッドアイ,黒猫

左右の虹彩の色が違う猫のことを、オッドアイと呼びます。

もし偶然出会ってじっと見つめられたら、その瞳に引き込まれてしまいそうになるくらい神秘的です。

オッドアイは、「幸運を運んでくる猫」と言われています。

希少であり珍しいからこそ、見ると幸運になると言われているのでしょう。

スポンサードリンク

オッドアイは黒猫にはいないの?

黒猫のオッドアイは、アニメのキャラクターなどにもしばしば登場します。

設定するとしたら、ファンタジーのカギになる役どころが似合いそうな神秘性を秘めています。

そんなストーリーにも絵にもなりそうな黒猫のオッドアイですが、実際には実在するのでしょうか?

結論から言えば、黒猫のオッドアイは数は少ないようですが存在しています。

基本的にオッドアイ自体の数が少ないうえ、生まれる確率が高いのは白猫のようです。

オッドアイは色素異常が多いので色素細胞が作られず、虹彩の薄い色も色素が薄いことから起きるからです。

それでも毛色にこだわらず、どの毛色の猫でもオッドアイは生まれて来ることが分かっています。

ネットで検索すると、黒猫のオッドアイの画像も見ることができます。

先天的な色素異常からか、後天的な病気からによるものなのか、黒猫のオッドアイは稀ですが実在するのです。

オッドアイになりやすい猫の種類

猫,オッドアイ,黒猫

オッドアイとは、虹彩異色症のことです。

左右の虹彩の色が異なる原因は様々なことが考えられますが、猫の中でもオッドアイになりやすい種類というのがいます。

毛色が白く、長毛な猫の種類がいくつか挙げられます。

有名なのはターキッシュバン、ターキッシュアンゴラなどの長毛種です。

ターキッシュバンは、スラッとした気品のある猫で、ふさふさしたしっぽが特徴になります。

そしてターキッシュアンゴラは、ペルシャ猫などの白猫の長毛種の原種となる種類になり、目の色が薄いことが多く、虹彩異色症が出やすい種類です。

さらに短耳のスコティッシュフォールドや尻尾のない猫マンクスの長毛種であるキムリックなどにも、オッドアイの猫は見られます。

そして日本猫が原型のジャバニーズボブテイル、または三毛猫もオッドアイになることが稀にあるようです。

三毛猫は招き猫のモデルでもありますので、招き猫のオッドアイになれば最強と言えるでしょう。

たくさんの幸運を運んでくれるかもしれません。

オッドアイ猫になる原因

そもそも、どうしてオッドアイになるのでしょうか?

原因としては、先天的なものと後天的なものがあります。

先天的な原因には生まれる前から色素異常がある場合や、遺伝子の突然変異によって起こることが考えられます。

生まれながら色素が足りないため毛の色も白い猫が多く、目の色は片方は本来の色を持っていたとしても、もう片方は青や薄い色になるのです。

後天的にオッドアイになる原因は、子猫のうちは青い目でも成長すると本来の色に変化していきます。

その変化が両目に起こらず、片目だけ青いままだったりするとオッドアイになるのです。

また緑内障などの目の病気でもオッドアイになることがありますし、怪我などで目が傷つけられた場合もオッドアイになることがあるようです。

スポンサードリンク

オッドアイになる猫の確率

猫,オッドアイ,黒猫

動物の中でも猫に出やすいと言われるオッドアイは、どのくらいの確立で生まれてくるのか、気になるところでもあります。

実際に白猫だけの確立では、約25%と言われています。

つまりは白猫の1/4にオッドアイが見られやすい、ということです。

意外と高い確率になるのです。

全身真っ白な猫であれば、かなりの確率でオッドアイが見られることになります。

ただ猫全体で見た場合は色々な毛色の猫が多いですし、グッと確率は低くなるでしょう。

猫のオッドアイは遺伝子の突然変異が原因になることが多く、特に白い猫に現れる確率が高いというのは本当のことのようです。

オッドアイ猫の里親になる前に知っておくこと

オッドアイの猫を飼ってみたくなった際に、家に迎える前に知っておくべきことはどんなことでしょうか?

オッドアイ猫の寿命

遺伝子の突然変異により生まれることの多いオッドアイの猫は、比較的体が弱い猫が多いようです。

そのため寿命はあまり長くはないと言われています。

オッドアイ猫は耳に異常がおきやすい

オッドアイの猫は聴覚障害である率が高いと言われ、その可能性はオッドアイ全体の3割ほど見られます。

そして聴覚障害が起きる耳は、青い目(薄い方の目)側です。

オッドアイの猫は、色素細胞を抑制されているために白猫に多く見られ、色素が足りないため青色の目を持つのです。

里親になりたいと思っている方は、このようなオッドアイの特徴をきちんと理解した上で飼うようにしましょう。

まとめ

日本では「金目銀目」とも言われ、縁起物として扱われていました。

世界的に見ても、「幸運を呼ぶ猫」と大事にされているようです。

色素異常からなることが多いオッドアイですので白猫に多く見られがちですが、稀に黒猫のオッドアイも存在します。

オッドアイの猫を見かけた時、それが珍しい黒猫であれば見る人に幸運が訪れるかもしれません。

スポンサードリンク

こんな記事も読まれています



シェアする