猫がコーヒーを飲む?それはただちに辞めさせなさい!

猫,コーヒー,飲む

猫の飼い主さんには、是非とも知っておいて欲しい知識です。

それは人間がティータイムに香りや味を楽しんでいるコーヒーを、猫に与えてしまった場合、どのような事になるかという事です。

実は猫にとってコーヒーは、とても危険な飲み物となっており、これをご存知の飼い主さんは少ないと思います。

そのため、今回、猫にコーヒーを与えた時の影響について説明をします。

スポンサードリンク

猫はコーヒーを飲むの?

猫,コーヒー,飲む

そもそも猫は、コーヒーを飲むものでしょうか。

人が口にする物を与えないという飼い主さんは多くいるとは思いますが、ネット内では猫にコーヒーを飲ませている動画が結構、見つかります。

食べ物、飲み物の知識を持っている人、猫の事を考えている人からすると、とんでもない事と思いますが、これは紛れも無く事実なのです。

そのため、猫がコーヒーを飲むと言うよりは、面白半分で人間が猫にコーヒーを飲ませてしまっています。

しかし人間にとっては嗜好品であるコーヒーは、猫にとっては毒になりますので、決してあげてはいけない事を理解して欲しいです。

ではコーヒーは猫にとって、どんな害があるのかい見て行きましょう。

猫がコーヒーを飲むと有害か?

人間には無害な物でも猫にとって有害なものがたくさんあり、コーヒーはその中のひとつです。

では、猫がコーヒーを飲んでしまった場合、どのような害があるのでしょうか。

コーヒーには、カフェインが含まれている事はご存知だと思いますが、実はこのカフェインが、猫にとって、中毒症状を起こしてしまうとても危険なものとなります。

そもそもカフェインには、中枢神経系を刺激し興奮させる働きがあり、人間でも最悪の場合、死に至ることもあります。

そのため、体の小さな猫にコーヒーを与える行為は、とても危険である事が理解できると思います。

猫がコーヒーを飲んだ時の中毒症状

猫がコーヒーを飲んでしまった場合、コーヒーに含まれるカフェインにより、中枢神経を過剰に興奮させて中毒症状を引き起こします。

一般的には、コーヒーを飲んで1、2時間程で、不整脈、呼吸促迫、痙攣、ひきつけ、動悸、過度の興奮、おう吐、ふらつき、失禁、下痢などが外部症状として現れます。

その他にも内部症状として、冠動脈や肺動脈など全身の血管が拡張し、うっ血や出血をする事もありますし、利尿作用により体が冷え、内臓機能を低下させる可能性もあります。

コーヒーにはインスタント、ドリップ、エスプレッソと様々な種類がありますが、これらに含まれるカフェイン含有量も、それぞれ100ml当たり約60mg、135mg、140mgです。

猫がコーヒーを飲んでしまった場合の致死量は、猫の体重1kg当たり50mgとされています。

この数値だけみると100ml当たりのカフェイン量に満たないため問題ないように見えますが、正直、量で決めつけることは避けるべきです。

猫によっては少量で中毒になる事があり、また中には数mlで命取りとなる事も充分に考えられるので、絶対に飲ませてはいけません。

スポンサードリンク

猫がコーヒーを飲んでしまった場合

猫,コーヒー,飲む

猫がコーヒーを飲んでしまった場合は、出来るだけ早く、動物病院に相談すると良いでしょう。

その際、飼い主さんは、落ち着いて行動する事が重要です。

動物病院では、何をどのくらい飲んだのか、いつ飲んだのか、どのような症状が発生したのかを説明出来るようにしましょう。

例えば、飲んでしまったコーヒーの商品名や成分表を持参したり、いつくらいに、どれくらいの量を飲んだのかを大よそでも伝えられると良いです。

またもしも外的症状があるのであれば、どれくらいの間隔で何回起こしたか、どのような物を吐いたかなどを観察し、更に食欲があるのか、呼吸は正常か、しっかりと立つ事が出来るのかを伝えます。

但し、痙攣、ひきつけ、呼吸困難の状態にある場合、一刻を争う事になるので、出来るだけ安静にして病院に連れていくようにしましょう。

猫はコーヒーの香りが嫌い?

猫は、人間の1万倍の嗅覚を持つと言われており、人間が感じる以上に匂いに敏感で、嗅覚に頼って生きている部分があります。

嗅覚は、もともと野生であった猫に取って、生きるか死ぬかを左右する必要不可欠な能力です。

例えば、目の前の食べ物が、本当に食べられるかどうかを判断する、周りに天敵がいるかを察知するなど、危険回避に使用しています。

基本的に猫は、強い匂いや刺激的な匂いがとても苦手であるため、思った以上に苦手な匂いがとても多い動物なのです。

よって本来、猫は香りの強いとされるコーヒーの匂いは嫌がります。

これを裏付けるかのように、世の中には野ら猫対策として、コーヒーを家の周りに撒いて近づけないようにする方法もある程です。

さいごに

猫とコーヒーについて紹介をしてきましたが、猫にとってコーヒーは、とても有害なもので有る事が理解できたと思います。

そのため、もしも猫が間違ってコーヒーを誤飲してしまった場合は、直ぐにでも病院に相談した方が良いです。

また人間社会の食べ物にはコーヒー以外にもカフェインは多くの食物に含有していますので、飼い主さんは充分に気を付けて愛猫に食物を与えるようにしましょう。

スポンサードリンク

こんな記事も読まれています



シェアする