猫の粗相が治らない!治し方や対策の前に原因を追究するのが優先

猫,粗相,治らない

猫は特に家で飼われているいわゆる家猫は、いつも同じ場所で排泄をする習性を持っています。

猫の粗相(そそう)とは、猫がトイレ以外の場所で排泄することをいいますが尿がほとんどです。

場合によっては便までしてしまう猫もいるようです。

最初に猫をきちんとしつけをしていれば粗相は通常起こらないものですが、治らない時にはなんらかの原因がそこには隠されています。

猫の粗相にはどんな原因があるのか?またその対策はどんなものがあるのかを紹介していきます。

スポンサードリンク

粗相が一生治らない猫もいるの?

粗相はある程度対策をしていれば改善するものですが、ずっと治らないと悩んでいる人も多くいます。

これはもしかしたら原因を誤っていて、見当はずれな対策をしていることも考えられます。

しかし、なにをしても一生粗相が治らない困った猫というのも世の中にはいるようなのです。

猫が突然粗相をするようになる原因

猫,粗相,治らない

粗相はトイレ以外で粗相をするようなったという点では、さまざまな原因が考えられます。

それまでトイレをきちんと使っていたのに突然使わなくなってしまった…というのならそのトレイが汚い、もしくはストレスがあるようなことが起こりその場所が気に入らない、もしくはもっとお気に入りの場所ができたのでそのトイレに興味がなくなったなどがあります。

ストレスにはさまざまありますが、飼い主とのコミュニケーションの時間が足りていない、なども含まれます。

さらには不妊手術を受けていない猫の場合で粗相が起こるのなら、それは性的成熟期に起こるスプレー現象である可能性があります。

スプレーはトイレ以外の場所で色んな所にします。

雄雌関係なくスプレー現象は起こりますが、見た目は子猫にみえても大人にさしかかったら起こることなので、注意深く猫をみておく必要があります。

この場合はもし繁殖などを考えていないのならすぐに獣医師に相談して不妊、去勢手術をしてもらいましょう。

それで粗相がなくなるケースもあるようです。

またなわばり意識が強い猫なら同じ家で新しい猫を飼うとなった時に、その新しい猫に自分のテリトリーだとみせつけるためにあちこちに粗相をする例もよくみられます。

猫が粗相をする場合の対策

トイレが汚いとやはり猫はそこでしなくなることもありますので、トイレはこまめにチェックして清潔にしておくことは基本です。

またこだわりが強い猫の場合だと、清潔にしていてもトイレや猫砂が気に入らない、などのこともあります。

対策としては別のタイプに変えてみる、抗菌消臭タイプの猫砂やトイレに変えてみることもしてみましょう。

猫を多頭飼いしている家なら、通常トイレは猫+1が最適であるといわれているので覚えておきましょう。

飼い主が留守の時などでも清潔にしておけるからこれなら安心です。

またどうしても粗相をしてほしくない部屋があるならそこは猫が入れないようにしておくことが大事です。それまで使っていた部屋でもです。

スポンサードリンク

猫が粗相した時の掃除と臭い消しの方法

猫,粗相,治らない

粗相をした場所はできるだけすぐに掃除しておくことが重要です。

その場所に猫の排泄の臭いなどが残っていると、猫はそこをまたトイレだと勘違いしてしまうからです。

猫の尿は通常酸性ですから掃除の際には中和させるためにアルカリ性の掃除アイテムが効果を発揮します。

粗相をした場所をキッチンペーパーなどでよくふきとり、アルカリ性洗剤をかけます。

しばらく置いた後熱湯で汚れた箇所を洗います。

その後普通に洗濯機で洗うという過程になります。

あとに消臭剤をかけておくと効果が高まります。

ソファやベッドなどすぐに掃除できない場所であることもありますが、そんな時には猫用消臭スプレーなどでできるだけ臭いを消しておきましょう。

猫が粗相をする病気

一番心配なのが粗相が猫の病気が原因によるものであることです。

膀胱炎などの病気で粗相が起こることもあります。

これまで挙げてきたようなストレスなどが当てはまらないのに粗相が続くようなら、一度獣医師に相談してみるとよいかもしれません。

猫の粗相の治し方

猫,粗相,治らない

猫は飼い主にかまってほしいと感じた時に粗相をするケースがあります。

それまでかまっていたのに急にその時間が減った時などもこれが起こります。

この場合はできるだけ時間を作って猫と遊んであげてください。

猫は気まぐれな生き物といわれていますが、かまってほしくない時、そしてかまってほしい時両方があるものなのです。

飼い主である私たちが臨機応変に対応してあげましょう。

さいごに

猫の粗相は強烈な臭いをともなうことがあり、あまり毎回続いてしまうとうんざりするのが正直なところでしょう。

しかし粗相にはこれまで挙げてきたように必ず何らかの原因があるものなのです。

環境が変わったのかもしれない、忙しくて最近あまり遊んであげていないのかもしれない、不妊手術や病気の検査なども配慮して大切な猫のために少しだけ生活を見直してみるきっかけにもなるので、根気強く粗相対策をしてみてくださいね。

スポンサードリンク

こんな記事も読まれています



シェアする