猫,毛玉,吐く

初めて猫が毛玉を吐く姿を見た方はびっくりするかもしれませんが、基本的には猫が毛玉を吐く行為は日常茶飯事です。

 

猫はグルーミング(毛づくろい)を行う生き物ですので、その時に飲みこんでしまった毛を毛玉として、一気に排出をします。

 

 

しかし、毛玉を吐く頻度が突然多くなった場合や様子がおかしくなった時には、何かしらの異常を抱えている可能性がありますので気を付けましょう。

 

そんな猫の毛玉を吐く頻度や対応についてを紹介します。

スポンサードリンク

猫が毛玉を吐く理由

 

猫は自分で毛並みをキレイにする生き物ですが、その時に抜けた毛を自分で飲みこんでしまう事があります。

 

飲み込んだ毛は消化をすることができないため胃に溜まるようになり、それを排出するために毛玉を吐き出します。

 

 

特に毛の生え変わりが激しい時期には、普段よりも毛を飲みこんでしまう量が増えることになり、いつもよりも多い頻度で毛を吐き出す事もあるのです。

 

 

いつもより少し頻度が多いと少し心配になりますが、猫の様子を見てまた毛が抜けやすい時期も照らし合わせて見守ってあげましょう。

 

もしいつもより吐く頻度も多く、それが毛が抜けやすいから、などといった事ではない場合には何かしらの病気にかかっている可能性もあります。

 

 

非常に解かりにくいですが、ちょっとした変化を見逃さずに、猫が吐く毛玉の量や頻度にはできるだけ注目をして、健康管理を行う事が大切と言えるでしょう。

 

猫が毛玉を吐く頻度や回数は?

猫,毛玉,吐く

猫は種類によって毛の抜け方や長さなどが変わりますが、個体によっても毛玉を吐く頻度は変わります。

 

基本的には毛の短い猫の方が毛玉を吐く頻度は少なくなりますが、中には毛の長い猫であってもあまり毛玉を吐き出さない事もあり、一概には言えないのが現状です。

 

 

飼っている猫の様子を観察して、どのくらいの頻度がその子にとってスタンダートなのか、ある程度の当たりをつけておくと普段の健康管理にも役立つと思います。

 

スポンサードリンク

猫が毛玉を頻繁に吐く時の対策

 

猫が毛玉をいつもより多く吐いている時には、その原因が何かを突き止める必要があります。

 

毛の生え変わりの時期になり、それに合わせて毛玉を吐く回数が増えているのであれば問題ありませんが、反対にグルーミングの回数が異常に多くなっていたり、ストレスを感じている様子が見られる時には気を付けましょう。

 

 

原因が解からない時は、毛玉を吐く事に関係する何らかの疾患にかかっている可能性もありますので、病院で診察を受けた方が良いかもしれません。

 

 

毛玉を吐きやすい病気としては、アレルギー性皮膚炎や食物アレルギーなどが挙げられます。

 

 

アレルギー皮膚炎の時には皮膚に異常が見られないか、毛玉が溜まっている事はないか、毛が抜けているところがないかをチェックしてみましょう。

 

放っておくと、症状が悪化してしまい危険です。

 

猫が毛玉を吐く際に一緒に嘔吐する時には、食道アレルギーやリンパ種、炎症性腸炎が考えられます。

 

普段は嘔吐しにくい猫が嘔吐をしているような時には、注意をしておきましょう。

 

特に問題なく毛玉をたくさん吐いている時には、毛玉を吐く頻度を減らすためにブラッシングをしてあげたり、猫草や毛玉を吐きやすくするサプリやご飯をあげるなど対処をしましょう。

 

 

猫草にも胃に溜まった毛玉を吐き出しやすくする効果がありますが、サプリや専用のフードの場合には猫によって体に合わない事もありますので、与える際には注意しましょう。

 

できることであれば、動物病院で飼い猫に与えても良いのかという相談をしてみると、安心できるのではないでしょうか。

 

猫が吐く毛玉に血や餌が混ざっている場合

猫,毛玉,吐く

猫が吐いた毛玉にうっすらと血が混ざっている、少しピンク色になっているなどの時には、胃や食道などの毛玉が通る場所が傷ついている可能性があります。

 

 

もし嘔吐が続いたり、ずっと毛玉の血の色が取れないという時には、一度病院で診察してもらうことがおすすめです。

 

毛玉を吐く際に食道などを傷付けてしまっている可能性もありますが、この場合にも毛玉を吐きやすくするフードやサプリ、猫草などを与える事で治まるようになるでしょう。

 

ただこちらも同様に、一度は獣医に相談をしてから与えるようにするといいでしょう。

 

 

猫によっては体に合わない事もありますので、気を付けなければなりません。

 

さいごに

 

猫が毛玉を吐く理由や対処法などについて紹介しました。

 

基本的に猫は毛玉を吐く生き物になりますが、もしいつもと違った頻度で毛玉を吐いているような時には放置をせずに病気を疑い、できるだけ早めに診察を受けるようにしてみましょう。

 

 

毛玉を吐く事は猫にとって日常的な事になりますので問題はありませんが、しっかりと毎日観察をして猫の様子を伺うことが大事と言えるでしょう。

 

 

体に異常が見られる場合には、何かしらの解かりずらいサインを出している事もありますので、是非毎日可愛がるようにして、変わった部分が見られないかをチェックしていきましょう。

 

スポンサードリンク