猫,鈴,首輪

基本的に、外出する猫には首輪を付けて飼いネコである事を証明する必要があります。

 

特に外に出る猫は野良猫と勘違いされないためにも、また家庭で飼っている猫でも何かの拍子に外に出た際に同じく野良猫と勘違いされないために、首輪を付ける事はとても重要と言えるでしょう。

 

 

では首輪に鈴を付ける事には、一体どのような意味があるのでしょうか?

 

猫の首輪に鈴を付けるメリットとデメリット、そして猫が鈴の音をうるさく感じていないのかなどについて紹介します。

 

 

様々な考え方を含め、猫によっても個体差がありますので、検討をして飼っている猫にとって良い方法を選ぶようにしましょう。

スポンサードリンク

猫は鈴付の首輪をうるさいと思っている?

 

猫は、基本的に耳の良い動物です。

 

個体差もありますが、猫は極微量な人間に聞こえない超音波の音も聞こえる、と言われています。

 

 

 

そのため鈴のある首輪を付けると、猫にとってはとてもうるさいと感じてしまいます。

 

 

また猫は基本的な本能として、自分の居場所が他の生き物に知られてしまう事を嫌います。

 

猫を見ていると解かると思いますが、動きがとてもしなやかで足音などもあまりしません。

 

 

そんな中で自分の居場所が解かるような鈴の音がずっとしているという事は、猫にとってストレスに感じてしまう事は明らかです。

 

 

ではなぜ猫の首輪に鈴を付けるかと言えば、猫の居場所を飼い主がよく知るため、という事になります。

 

飼い主本位の行いに見えるかもしれませんが、家で飼っている猫が何処にいるかを知る事は、猫の安全を確保する上ではとても重要な事と言えるでしょう。

 

そのため猫の首輪に鈴を付ける事の善し悪しは、ケースバイケースになります。

 

 

このようにメリットとデメリットがありますが、鈴の音は猫にとってはあまり嬉しくないという事は、把握しておいた方が良いかもしれません。

 

猫が首輪の鈴を外す!誤飲などの危険について

猫,鈴,首輪

猫は基本的に、体に何かよく分からない物が接着する事を嫌います。

 

首輪も同様で、鈴が付いているいないに関わらず、首輪を嫌がるケースが多くなっています。

 

 

しかし首輪を付ける事は、猫自身の安全のためにもとても重要と言えるでしょう。

 

できる限り首輪に慣れさせるためにも、小さい頃から首輪を付けるようにした方がいいでしょう。

 

 

大人になってから首輪を付けると嫌がるようになり、手がつけられなくなる事が多いため、できるだけ小さい頃につけて慣れさせる事が大切なのです。

 

 

仮に首輪を嫌がるようになり、自ら外してしまったり、それに付属していた鈴が外れてしまった時には、猫は鈴を誤飲してしまう可能性が考えられます。

 

 

付いていた鈴が見当たらなくなり、猫の元気がなくなったり、嘔吐をした時には誤飲をした可能性もありますので、すぐに動物病院で診察を受けるようにしましょう。

 

できる限り早めに対処を行う事が大切です。

 

スポンサードリンク

猫が鈴付の首輪で暴れる場合の対処法

 

猫が首輪を付ける事ができても鈴を嫌がる場合には、鈴を違うサイズや違う音の物に変えたりなどをして、様子を見るようにしましょう。

 

 

嫌な物をずっと付けていると猫にとってもストレスになりますし、暴れる可能性も高くなってしまいます。

 

猫が嫌がったら外し、しばらく様子を見てまた付けるという事を繰り返しながら、猫が妥協できる点を見つけるようにしましょう。

 

 

猫が遊びやご飯に夢中になるタイミングで付けると、猫も気が紛れる可能性が出てきます。

 

根気よく付けては外してを繰り返すと、徐々に鈴の音を嫌がらなくなる猫もいますが、それも個体差によりますのでどうしても嫌がったり暴れたりという時には、潔く諦めましょう。

 

鈴の代わりになるものはある?

猫,鈴,首輪

猫の首輪に鈴を付ける意味としては、飼い主が猫が何処にいるのかを確認するため、誤ってクローゼットなどに閉じ込めてしまうのを防ぐためと言えますが、首輪自体には外で迷子になった際に保護されやすくする、という意味があります。

 

 

猫が快適に生活を送れるように猫が嫌がらない首輪を選び出す必要がありますが、鈴自体は鳴り物ですので他の代替品は特に変わった物は見つからないでしょう。

 

 

鈴自体の音の色や大きさ、重さなどを考慮する事もできるかもしれませんが、基本的には音が鳴る際に猫が嫌がっているように思えます。

 

 

迷子や脱走をできるだけケアできるアイテムとしては、鈴の代わりに住所札などチャームの装着が好ましいでしょう。

 

音も鳴りませんし比較的軽い物もありますので、是非検討してはいかがでしょうか。

 

チャームについても最初は嫌がる猫が多いため、様子を見ながら少しずつ慣れさせていく作業は必要と言えるでしょう。

 

さいごに

 

家の中が整理されていなくて、猫が何処にいるか解からない時には、鈴の音を聞いて飼い主がしっかりと猫の動向を知る事も必要です。

 

 

また外に抜け出して迷子になった時でも、猫がいない事に比較的早く気付けるようになるため、鈴を付ける事はそれなりのメリットがあります。

 

 

反対に鈴を付ける際にはデメリットもありますので、猫に無理をさせないようにして、ストレスがかからないような鈴付きの首輪を選択するといいでしょう。

 

無理やり付けると鈴の誤飲やストレスから様々な疾患に繋がる可能性がありますので、猫の個体や性格に合わせた対応を行うようにしましょう。

 

スポンサードリンク