猫,血便,原因

猫の血便は、獣医師としては猫を長く診ているとそう珍しくない症状、として認識されています。

 

血便とは、便の中や表面に血が混じっている状態を指します。

 

 

血便以外でも嘔吐や元気がないなどの症状が見られるならば、すぐに獣医師に相談するべきでしょう。

 

 

血が一体どんな色をしているのか、便の状態はどんなものであるか猫の年齢などを詳しく診て、医師はその原因を探り、どれほど重症なものかを判断していくことになります。

 

 

大切な猫が血を出しているのですから、飼い主としてはとても驚き慌ててしまうこともあるかと思います。

 

 

そこで一般的とされている猫の血便の症状を紹介していきますので、いざという時のために知識を深めておくといいでしょう。

スポンサードリンク

猫の血便が出る時に伴う症状

猫,血便,原因

猫が血便を出す症状として、よく一緒に起こる現象を紹介していきます。

 

そこから猫の血便の原因を探る理由が解かることもあるでしょう。

 

下痢

 

血便をしている中で、一番起こる症状です。

 

胃腸炎を起こしていると、血便と下痢双方の症状が出やすくなります。

 

血尿

 

血便にともない、血尿が出ることもあります。

 

これは小腸に原因がある時に起こります。

 

嘔吐

 

猫は吐きやすい動物と言われています。

 

そのため嘔吐だけしていて、元気でいる場合は様子を見ておくといいと言われています。

 

しかし血便をともなうとなれば、やはり早めに医師に相談しましょう。

 

猫の血便が出る原因

猫,血便,原因

ストレス

 

猫はストレスに弱い生き物です。

 

血便もその症状の一つになり、他の猫を飼い始めたり、来客があった場合、引っ越しや部屋の模様替えをしているなど、これらが当てはまっていないかを考えてみましょう。

 

 

当てはまるならばそこを改善して、難しければ猫ができるだけストレスを発散できるような場所作りや生活を心掛けてください。

 

寄生虫

 

寄生虫性胃腸炎は、原虫、線虫などが寄生することで下痢を引き起こす病気です。

 

特に子猫の長く続く下痢や血便は、この寄生虫が原因であることが多いので注意が必要です。

 

中でもトキソプラズマ症は、トキソプラズマという寄生虫が感染する病気です。

 

これは猫だけでなく、他の動物や人間にまで感染する厄介な病気です。

 

症状としては下痢、嘔吐、血便、咳などが見られます。

 

アレルギー

 

人間と同じように、猫にもアレルギーがあります。

 

食物に含まれる特定のアレルゲンが原因となって、下痢や血便を起こすのです。

 

どの食べ物が原因かを探すのは簡単なことではありませんが、食事の後に血便、嘔吐、異様な痒みなどを見せるのであれば、まず与えているフードを見直してみてください。

 

病気

 

消化不良によって下痢を起こすこともあります。

 

外に出している飼い猫などは、食べ過ぎやゴミをあさるような行為で、一時的に下痢をしてしまうこともあります。

 

猫パルボウイルス感染症は猫には有名な病気になり、重度になると血液が混じった下痢や激しい嘔吐などの症状が見られます。

 

 

放し飼いや多頭飼いをしている猫には、高い確率でこの病気の感染が見られると言われているほどです。

 

 

スポンサードリンク

便秘によるもの

 

ずっと便が出ていない状態でいざ便をしようとして、いきみすぎて血便になってしまうこともあります。

 

それだけなら大事には至りませんが、大腸炎を起こしていることもありますし持続する便秘からの下痢は動物病院で診察してもらう方がよいでしょう。

 

飼い主の判断での浣腸は、大変危険なので行わないでください。

 

誤飲してしまった時など

 

また食べ物ではないものを飲みこんでしまって腸内を傷つけてしまい、血便になる場合もあります。

 

何か思い当たることがあれば、医師に伝えておきましょう。

 

誤飲したものが解かれば、開腹して手術となることがほとんどです。

 

血便が出ても猫が元気な場合はどうする?

猫,血便,原因

猫は身体の調子が悪くなったとしても、それを周囲に知られまいとする習性があります。

 

これは野生だった頃からの習性で、敵から身を守るために必要なものでした。

 

 

そのため、たとえ猫が元気に走り回るなどしていても、血便をしているのは事実ですから、飼い主としては決して安心してはいけません。

 

 

血便を発見したらこれまであげた症状を鑑みて、できるだけ速やかに病院に連れて行ってあげてください。

 

またできれば、血便も一緒に持っていくと検査がしやすくなります。

 

さいごに

 

猫の血便の原因はとても多く、すぐには判断できないものばかりです。

 

また病院に連れて行っても、何が原因か解からないままということもあります。

 

トイレやフードを替えたなど、それくらい些細なことでも猫は血便をしやすいということです。

 

 

しかし、病気かもしれないという可能性も考えておきましょう。

 

原因が違うことで対処も変わってきますので、日頃から猫の排便状況を見ておくことが需要になってきます。

 

 

いつもトイレの片づけなどで猫の便の回数や量、形状、色などを知っておけば、血便になった際に症状を獣医師に伝えやすくなり、検査や治療もスムーズに行うことができます。

 

 

血便をしてしまったなど気になることがあれば、かかりつけの獣医師に気軽に相談できるようにしておくことも飼い主の役目と言えます。

 

スポンサードリンク