猫,食べない,病気

猫を飼っていると、急にそれまで食べていたフードを飼い猫が食べない事があります。

 

 

それまで食べていたのに同じ餌で同じシチュエーションで食べなくなるのには、やはり何らかの原因や影響があるものですが、猫の気持ちは人間である私たちにはよく解からない事が多いのも事実です。

 

 

そこで今回は、猫が餌を食べない時に考えられる病気と猫が餌を食べない時でも心配いらない場合の見分け方を見て行きましょう。

スポンサードリンク

猫が餌を食べない原因

 

猫が今までの餌を食べなくなることは、思っているよりも意外に多くあるものです。

 

 

しかし、ほとんどの場合はただ単に餌を食べる気がしなかっただけであったり、そんなに食欲がなかっただけ、後で食べようと口をつけただけ、もっとおいしいものが食べたいなどの、大した心配をしないでもいい場合も多いようです。

 

 

猫は元々「ムラ食い」と言って、好きな時に好きな量だけ食べる習性があります。

 

これは野生の頃からの習性と言われていて、人間のように時間を決めてきちんと食べるなどという習慣はありません。

 

そのような事情があるため、そこまで心配をする必要はありません。

 

だからと言っても、やはり体調を崩してしまって食べられない、というケースもあるのは事実です。

 

 

猫は体調が悪くてもなかなかそれを表に出そうとしない生き物になりますので、目に見えて餌を食べる量が減ったなどという時には注意が必要です。

 

猫が餌を食べない時に考えられる病気

猫,食べない,病気

猫が餌を食べない理由としては、口の中にトラブルを抱えている時があります。

 

 

猫は歯周病や口内炎など口の中の病気をしやすい生き物になるのですが、なかなかそれを見せようとはせず、医師に見せた時にはかなり進行してしまっている、ということもあるようです。

 

 

口内トラブルの症状としては食欲不振以外によだれ、口臭、食べ方がおかしいなどがありますので、これらも注意しておく必要があるでしょう。

 

嘔吐を頻繁に繰り返すようであれば、さらに病気の疑いが強まります。

 

猫は嘔吐もしやすいため、いつものことかと軽視しがちですが、重篤な病気で起こすこともあることを忘れないでください。

 

 

下痢などを伴う場合は内臓障害を起こしていたり、寄生虫症、感染症などを疑ってみても損はないでしょう。

 

これらの症状が見られるのであれば、できるだけ早めに病院に連れて行くことが求められます。

 

猫が餌を食べない日が何日続くと危険?

 

猫が餌を食べない食欲不振と言われる時間は、おおよそ半日で終わります。

 

その後は普通に食べるようになりますので、「これはおかしい」と感じて動物病院へ連れて行く際の目安は、丸一日24時間だと考えてよいでしょう。

 

 

また猫の年齢によっても、細かく分ける考え方もあります。

 

以下を参考にするといいでしょう。

 

  • 1~2ヶ月年齢:8時間以内
  • 2~3ヶ月年齢:12時間以内
  • 3~4ヶ月年齢:16時間以内
  • 1歳以上:24時間以内

 

特に太った猫の場合は、何も食べない状態が36時間以上続くと、肝臓に脂肪が溜まっていく脂肪肝になることがあります。

 

脂肪肝は黄疸が出たり衰弱したりするなどの症状を引き起こしますので、早めに診察を受けさせましょう。

 

スポンサードリンク

元気はあるなら動物病院につれていかなくてよい?

猫,食べない,病気

ただ単に現時点では餌を食べたくないから食べない、そんな気まぐれな行動をするのが猫です。

 

元気なのに餌を食べないことには、いつも同じフードであることに飽きた、ということも考えられます。

 

 

一説には、同じフードであることで栄養が偏ることを本能的に避けるために食べなくなる、という話もあります。

 

そんな場合は、フードを変えてみましょう。

 

猫は特に匂いで餌を判断しますので、匂いが強いウェットフードに変えてみると食べるようになるかもしれません。

 

 

また人間の側が良かれと思って違うフードに変えてみたら、そのフードを猫が気に入らなかったということも考えられます。

 

 

猫はちょっとした変化でストレスを感じて食欲不振になることもありますので、餌を入れるフードボールを変えただけで、ひげが当たるようになりストレスを感じて食べなくなった、という例もあるそうです。

 

 

また猫が高齢化することで、食べる量が減っていくことも普通にあります。

 

猫も人間と同じで消化吸収能力が減り、一日の活動量も合わせて減っていくものです。

 

基礎代謝が減って、必要な摂取カロリーが減ることで食べる量も減少していくことになるのです。

 

さいごに

 

猫が餌を食べない時の食欲不振なのかについて、考えられる可能性について紹介してきました。

 

猫もやはり生き物ですので、普段と違う行動や症状を見せることもあるでしょう。

 

 

食欲がなくなった時は、最後に餌を食べてからどれくらいの時間が経っているか、他にどんな症状があるか、元気がないかなどを見て、判断してあげなければなりません。

 

 

人によっては我が侭と感じることもあるかもしれませんが、それこそ猫の魅力とも言えるでしょう。

 

こちらが何とかアプローチをして、猫が餌を食べられるようにしてあげるように導きましょう。

 

もちろんすぐに連絡が取れる、かかりつけの獣医師を見つけておくことも大切です。

 

スポンサードリンク