猫,痩せる,原因

猫も種類によって普通の体型の猫を始め、痩せ型の猫などもいます。

 

その種類などに関係なく猫が痩せてしまった、という時には少し注意が必要になります。

 

 

何らかの疾患によって食欲が減退している場合もありますので、飼っている猫の状態にはできる限り目を配り、何か起きた時には早めの対処をしてあげなければいけません。

 

 

猫が痩せてしまう原因と、その対処法などについて紹介をしていきます。

 

痩せると一口に言っても様々なケースが考えられますので、注意深く観察をしましょう。

スポンサードリンク

猫が痩せる原因|病気

 

猫が痩せる原因として、一番心配なのが病気による痩せです。

 

猫が痩せやすい病気としては慢性肝不全や糖尿病、甲状腺機能亢進症などが挙げられます。

 

 

慢性肝不全になってしまうと、猫自身には食欲があるはずなのに体重が減ってきてしまう事があります。

 

 

症状としては水を飲む機会が多くなりますので、そのような症状が出てきた場合には一度病院で診察をしてもらうといいでしょう。

 

 

糖尿病の場合には水をよく飲む事に加えひん尿気味になる事があり、甲状腺機能亢進症の場合には水を飲む量も増え、少し凶暴になる傾向があります。

 

 

こちらも病院での早期診察をおすすめします。

 

他にも、口の中に病気ができてしまった場合は餌を食べる事が億劫になり、食べる量自体が減ってしまう事もあります。

 

 

虫歯や歯周病また口内に何かしらの異変が出ていないか、という点にも気を付ける必要があるでしょう。

 

症状を見つけた時には、できる限り早めに病院で診察を受ける事が大切です。

 

猫が痩せる原因|高齢

猫,痩せる,原因

基本的に猫は、11歳辺りから老描のカテゴリーに入る事になります。

 

人間と同じように猫にも個体差があり、11歳になってもまだ若々しい猫、あるいは11歳になっていないのに歳老いてしまう猫もいます。

 

 

しかし平均的には、11歳からシニアの年齢になると言われています。

 

歳を取ってくると猫も食欲が落ち、また行動自体も若い頃に比べてジッとしている事が多くなります。

 

 

体を動かす事が少なくなるため食欲自体も減退していき、気が付いた時には痩せてしまったという事もあるでしょう。

 

 

猫が歳による食欲減退を起こしていると気付いた時には、餌を複数回に分けてあげたり、シニア用の餌に変えるといいでしょう。

 

 

食べる量はどうしても減ってしまいますので、栄養がたっぷりと入っている餌をあげるなどして、対応をするようにしましょう。

 

スポンサードリンク

猫が痩せる原因|食欲はあるが元気ない

 

猫が食欲があるのに元気が無いといった時には何らかの疾患を抱えているか、精神的ストレスまた怪我など複数の原因が考えられます。

 

 

体力が落ちているために食欲はあるが、体を動かす事が難しいかったり、元気が無い時にはしっかりと原因を判明させなければいけません。

 

 

また猫の年齢や性格によっても習性や行動は変わりますので、毎日しっかりと観察を行い、その猫の体調の良さなどを見極める事も大事と言えるでしょう。

 

 

引っ越しなど、猫の生活する環境が大幅に変わった時も精神的なストレスを感じ、食欲が減退する傾向にあります。

 

 

その場合には、できるだけ元々生活していた配置に近い形で家具を置いたり、猫とたっぷりとコミュニケーションをとって、安心できる環境を作り上げるようにしましょう。

 

また猫も性格によってストレスを抱えやすい個体などがありますので、猫の立場で物事を考える事が大切になってきます。

 

 

知らず知らずのうちに猫にストレスを与えてしまっていたというケースも多く見られますので、日頃から気を付けて観察をしておきましょう。

 

 

精神的ストレスや病気の治療には、時間がかかるのが普通ですので、焦らずにゆっくりと治療をしていく事が大事ではないでしょうか。

 

猫の食欲がない・食べない時の対処法

猫,痩せる,原因

猫が食欲がないという場合には様々なケースが考えられ、そのケースごとに対処法が変わってきます。

 

まずは何故猫がご飯を食べなくなってしまったのか、という事の原因を見つけていきましょう。

 

 

中には解かりづらいものもあるかと思いますが、様々な可能性から少しずつ絞っていく事で、原因に近い答えを導き出す事ができます。

 

 

 

餌の味を変えたらたくさん食べるようになったり、ウェットフードに変えたらよく食べるようになった、という事例もありますので、猫の様子を見ながら色々な方法を試してあげるといいでしょう。

 

 

食べないからと言って無理矢理食べさせるようでは猫にストレスがかかりますので、焦らずにゆっくりと原因を探るようにしていきましょう。

 

さいごに

 

猫が食欲があるのに痩せてしまう、また食欲自体が減ってきてしまったなど、様々な理由によって猫が痩せてしまう事があります。

 

 

それは年齢によるものであったり、病気によるもの、またちょっとした些細な事が原因でも起こりますので、飼い主は落ち着いて猫がどのような状況であるかを見極めるようにしなければなりません。

 

 

 

様子がおかしいと思った時には病院に行き、しっかりと診察してもらう事がとても大切です。

 

目に見えないところで病気が進行していたというケースもありますので、食欲が減ってきたり、痩せてきたという時には放置をせず、動物病院で診察を受けるようにしましょう。

 

スポンサードリンク