猫,クラッキング,意味

ペットとして猫を飼っている方は多いと思いますが、時には猫の鳴き声に驚かされることもあるのではないでしょうか。

 

猫にもよりますが、例えば「カカカ」や「ケケケ」という鳴き声を発する時があり、そのような猫の鳴き声を聞いた飼い主は何事かとびっくりすることがあるかもしれません。

 

この特徴的な猫の鳴き方はいわゆる「クラッキング」と呼ばれるもので、猫特有の行動でもあるのです。

 

猫がクラッキングを行うのには、どのような意味があるのかを紹介していきます。

 

スポンサードリンク

猫のクラッキングとは?

猫,クラッキング,意味

猫は時折、様々な鳴き声を出すことがありますが、中でも特殊なものがあります。

 

それがクラッキングと呼ばれる鳴き声であり、小さく「カカカ」などと鳴く行為のことを指します。

 

どのような状況でそうした鳴き方をするのかは、猫によっても異なることがあります。

 

クラッキングは猫特有の鳴き方ですが、口を開けることや閉じるなどをして素早く鳴く場合が多いと言われています。

 

具体的な鳴き声については、「カカカ」や「ケケケ」という通常とは違う特殊な音を出しますので、飼い猫がクラッキングをした時にはすぐに気が付くと思います。

 

 

また猫によっては口を開け閉めして「カチカチ」と歯を鳴らすだけの猫もいれば、「ニャーニャー」という鳴き声を出す猫もいます。

 

「カカカ」や「ケケケ」などというように口が素早く動き、普段あまり見られないような猫の様子を目の当たりにすると、飼い主のみならず初めて見た人は少なからずびっくりすることでしょう。

 

 

反対に鳴き声を出さずにクラッキングする猫もおり、その場合は口のみが動いているということもあります。

 

猫のクラッキングについては、様々な呼び方があります。

 

例えば、日本では「クラッキング」という言葉で表現していますが、英語ではチャタリング(chattering)と呼ばれるようです。

 

 

チャタリングの中のChat(チャット)というのは、英語で「簡単なおしゃべり」という意味があり、クラッキングは特有の「カカカ」や「ケケケ」という細かい鳴き声を発するので、まるで猫がおしゃべりをしているかのように表現されているとも言われています。

 

 

一方で、日本の表現であるクラッキングという言葉には「カチカチ」や「カタカタ」などの、機械が動く音のような意味を持っています。

 

また猫の口が素早く動くことを始めとして、「カカカ」や「ケケケ」などの独特な鳴き声、さらには歯がカチカチとなることもあり、クラッキングと呼ばれるようになったようです。

 

猫はどんな時にクラッキングする?

猫,クラッキング,意味

クラッキングは猫特有の行動と言われており、猫によっても鳴き方が異なります。

 

ネコ科の動物には他にもライオンやトラ、チーターなどの大型動物がいますが、猫のようにクラッキングをすることはありません。

 

つまりクラッキングは猫特有の行動ではあるのですが、中でも特に家猫に多いと言われています。

 

 

しかし野良猫の中にもクラッキングする猫がいますので、散歩中などに見たことがあるという方もいるかもしれません。

 

反対に、飼い猫であっても全ての猫がクラッキングをする訳ではないのです。

 

ではクラッキングは、どのような場合に行われているのでしょうか?

 

実施に猫がクラッキングを行う時は、ある対象物が見えているのに「それに手が届かない」、というような状況に陥った際に多く見られるようです。

 

具体的な状況は、以下のような状態が挙げられます。

 

窓の外に獲物を発見した時

窓の外に獲物を発見した時、例えば室内飼いの猫が窓の外にカエルやセミ、小鳥やトカゲなどの獲物を見つけた時です。

 

もちろん部屋の中でも同様で、手が届かない場所に小さい虫がいる時や、レーザーポインターの光や猫じゃらしなどの玩具を飼い主が見せたりした時に、クラッキングをすることがあります。

 

対象になるのは、猫にとって獲物になりそうなものが多いようです。

 

 

窓の外の虫などが見えた時にするのではなく、他の猫が見えた時の威嚇や、仲間を呼ぶような鳴き声を発することが多いと言われています。

 

何かしら得体のしれないものを目にした時

猫,クラッキング,意味

猫のクラッキングは、何か得体のしれないものを目にした時にも行うことがあります。

 

得体のしれないものの具体例としては、暗闇や物陰などが挙げられ、そうしたところで何かを見つけた場合にクラッキングをする猫もいると言われています。

 

猫がクラッキングする意味

 

猫がクラッキングを行う時の意味としては、具体的には以下のものが挙げられます。

 

  • 獲物に手が届かない、あるいは仕留めることができずに少しもどかしい気持ちを表す鳴き声
  • 獲物を見つけた際に、本能的に出てくる鳴き声
  • 対象となる物を見て不安な気持ちになったために出てくる鳴き声
  • 対象物を見て警戒心が出てきた場合に出る鳴き声

 

様々な意味がありますが、猫にとって手が届かないものや捕らえることができないものがあると、何かしらのストレスを感じることから、結果としてクラッキングという特徴的な行動が行われると見ることができます。

 

飼い猫が「カカカ」や「ケケケ」など、普段とは違う鳴き声を発したら、まずクラッキングだと判断して良いでしょう。

 

 

室内飼いの猫などは、窓から外を眺めた時に爬虫類や小鳥などを見つけても、捕獲することはできないという状況はよくあると思います。

 

捕まえることができないというもどかしさや、獲物を見つけた時の興奮などから、クラッキングをしてしまうと考えられるのです。

 

室内飼いの猫が飼い主と遊んでいる時などで、高いところに玩具があって届かない場合には、「カカカ」というようにクラッキングを行うこともあります。

 

またクラッキングは本能的に出てしまう場合もあるようです。

 

例えば、猫が玩具で遊んでいる際に玩具を狙っても捕まえられない時には、どうしようもない気持ちになることがあります。

 

玩具を追いかけても捕まえられない時間が長くなるにつれて、つい興奮して自然に「カカカ」という鳴き声を発することがよく見られます。

 

 

同じネコ科の動物であるトラやライオン、チーターなどではクラッキングは見られませんが、野生の世界でクラッキングをしていれば、すぐに獲物が逃げてしまうでしょう。

 

クラッキングのように鳴いている時間があるならば、獲物を追う方が効率が良いと言えるからです。

 

もちろん飼い猫であっても、獲物が自分の手が届く範囲内にある時はクラッキングをすることはなく、すぐに捕獲体勢に入ることが多いです。

 

 

クラッキングというのは、猫が非常に興奮している時や何かに集中している時、あるいは捕獲したいのにできない時に出る鳴き声と考えて良いでしょう。

 

スポンサードリンク

 

猫が人や飼い主にクラッキングする意味

 

猫のクラッキングは飼い主に対して行うこともありますが、飼い主に対しての方が比較的多いと言われています。

 

飼い主に対して発する鳴き声は、信頼や要求を意味しているとされています。

 

 

猫にとっての飼い主とは毎日餌をくれる存在であり、飼い主のことを親猫のように思う場合もあれば、反対に飼い主のことを自分の子供のように思うケースもあるようです。

 

他にも、クラッキングをすると飼い主の反応が良くなる、などの理由もあります。

 

いつもと違う鳴き声を発した際に、飼い主の反応が良くなることを覚えた猫が、鳴き声で要求や不満などを伝えようとしているのです。

 

猫が現在どのような気持ちでいるのかは、猫を観察しながら考えると理解できるかもしれません。

 

「自分の猫はいつも変な鳴き方をするけど、何か要求をしているのかもしれないな」という推測もできるのです。

 

 

猫自身、意識せずに自然と鳴き声が出ている場合も多いため、その点でもクラッキングは特殊な鳴き声だと言えるでしょう。

 

猫はストレスでもクラッキングする

猫,クラッキング,意味

人と同じように、猫にもストレスがあります。

 

猫がストレスを感じると「ケケケ」という、普段とは異なる泣き声を発することがありますので、注意深く観察する必要があるでしょう。

 

もしストレスを感じているようであれば、それを解消してあげましょう。

 

例えば、玩具が高いところにあって手が届かないのであれば、近くに置いてあげるなどの配慮を行うと良いです。

 

そうすることで猫がクラッキングを止めることもあります。

 

クラッキングしない猫もいる

 

クラッキングは猫によっても鳴き方が異なりますが、中には特徴的な鳴き声を発しない子もいます。

 

特に野良猫にはクラッキングをしない猫が多く、また室内飼いの猫でもしない子もいることがあるため様々なケースが考えられるようです。

 

クラッキングが下手な猫とは

 

クラッキングの仕方は猫によっても異なりますが、中にはクラッキングが下手な猫もいます。

 

下手というよりも、違う鳴き声をすることで何かしらの状態を訴える猫も少なくありません。

 

「カカカ」や「ケケケ」以外にも、様々な鳴き声で自分の気持ちを表現しているのです。

 

例えば「ニャー、ニャオ」の場合は、相手に対して敵意がないというアピールや、飼い主からの呼びかけの返事という意味がありますが、クラッキングをする時と同じ気持ちを持って発する猫もいます。

 

また「ニャニャニャ」や「ククク」なども、クラッキングと同じ鳴き方とされることがあります。

 

他にも小鳥のような「ピピピ」や、ネズミのように「チュチュチュ」といった鳴き声を出す猫もいます。

 

 

そして声が聞こえない鳴き方をする猫もいて、その場合は注意深く観察しなければ分かりにくいでしょう。

 

口の動きを見ていると「ニャン」や「ニャー」という鳴き声を出している筈なのに、飼い主には何も聞こえていない状態になります。

 

そうした鳴き声は、クラッキングと同じように自分の手が届かないものを見た時に発するもので、素早く口が動くのが特徴です。

 

猫がクラッキングをしている動画

こちらが猫がクラッキングしている動画です↓↓

 

 

クラッキングは猫だけの鳴き方だった

 

猫は場合によって様々な声で鳴きますが、その一つにクラッキングという行動があります。

 

クラッキングでは「カカカ」や「ケケケ」などという、通常とは異なる鳴き方をしますので、初めて見た時には驚く方もいると思います。

 

クラッキングには猫の状態を表す様々な意味がありますので、現在どういう気持ちでいるのかを察してあげることが大切です。

 

スポンサードリンク